フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

はじめに

はじめまして、「なみけん」といいます。年齢は30代後半です。

私は元々子供の頃からサッカーが好きだったのですが、完全に見る専門でした。それが今ではフットサルを週2-3回やってた、フットサルを通じて知り合った方も色々いて、ただの趣味なんですがフットサルを通じて自分の生活が結構いい方に変わったと思います。

今までフットサルをやらなかった理由は、人見知りだとか、やる環境が分からなかったとか、大人になってからは「今更やったってしょうがない…」みたいな気持ちがあったとか色々です。

やり始めたきっかけは、会社の人がフットサルをやろうと誘ってくれたことです。その時すでに27歳くらいで、そこで初めてインサイドキックの蹴り方を知ります。しかし、会社の集まりでやってたのはすぐに自然消滅しました。

それで会社の集まりでやらないんだったら自分でどうにかするかと思い、フットサルの個サルというのがあるのを知り行き始めたのですが、レベルが高かったり、そもそも自分のフットサルでの基本的振る舞い方が分からず、行って早々後悔とか恥ずかしさのようなものがありました。

自分のサッカー好きなのでそこからめげずに、初心者スクールや個サルを探していき始めるようになり、結果的に今楽しく続けることになってます。でも、そこまで好きでない人や方法が分からなかったという方は、こういうことでせっかくやろうと思ってた方も辞めてしまうのではないかと思います。

初級者と上級者の共存だったり、初心者スクールや初心者個サルにおける運営スタッフや客側の意識だったり、大人になってからの上達の方法、など色々考えたい問題はあるのですが、とりあえず自分がやってみて感じた事を記していきます。
namikenz540315@yahoo.co.jp

【初心者スクール参加】基本的に下手だと感じ始める

2016年5月2日(月)
東京都内某所フットサルコートの初心者スクールに行ってきました。

GW入ってから部活かってくらいフットサルに行ってます。フットサルが好きなんですね。あとは、たぶん暇ということ。体力は続くんですけどお金が心配。

【内訳(自分の独断)】
男性:8名 女性4人

一回もボール蹴ったことないです:0名
ボール蹴ったことはあります:女性1名
フットサルから始めました:0名
まあそこそこ蹴れる:男性6名 女性3名
経験者:2名

10代:1名
20代:3名
30代:3名
40代:4名
50代:1名

【内容】
・ラダートレーニング(15分)
・パスの基礎練習①(15分)
・パスの基礎練習②(15分)
・ピヴォ当てからのシュート練習①(15分)
・ピヴォ当てからのシュート練習②(15分)
・4対4ミニゲーム(45分)

今日は外国人の方がいたり女性も多かったりで、参加者のバラエティが富んでてよかったです。

今日も初心者スクールだったわけですが、昨日の個サルの時はまあまあ出来たので上手くなってると思ってたけど、本当に上手い人と比べるとまだまだ下手だということが分かりました。

今日は本当に上手いという方がいたんですよ。まあ、こういうのは人と比べてはダメなんですけどね。自分と比べないと、というのは分かってるんですが、やはり上手い人を見てしまうとつい自分と比べてしまう弱い自分。いや、この上手い人はいい人だったんですよ。ゲームではちゃんと手は抜いてくれるし、練習中も優しいパスをくれるし。でも、上手さがにじみ出すぎてて初心者側(というか私)に劣等感が・・・

止めて、ターンして、シュート。これだけのことが上手く出来ない。ターンを意識しすぎて止められないという体たらくをやってしまったり、シュート打つときに軸足に当たってしまったり。。こうい基礎練習でも下手と上手の差って如実にでるんですね。基礎練習だからこそ差が出るのかもしれないけど。

ともかく、自分が上手く出来ない時は余裕がなくなるので色々周りを見られなくなる点が良くないですな。最後のゲームで初心者に合わせてとかあんまり考えられなかったし。

まあしょうがないとして、今はとにかく自分のプレーレベルを上げることに専念します。

【初心者個サル参加】運営スタッフの手腕で違う

2016年5月1日(日)都内某所にて個サル(ミックス) 
 
【内訳(見た感じ)】
男性:20名

一回もボール蹴ったことないです:0名
ボール蹴ったことはあります:0名
フットサルから始めました:0名
まあそこそこ蹴れる:男性20名
経験者:0名

20代:2名
30代:12名
40代:4名
50代:2名

まあミックスだったのですが女性が一人もいないということで残念でした。男性ばかりだったので、少々レベルが上がった感じになりましたね。最後に運営スタッフが今日集まった方は激しそうなのが好きそうな方が多かったので、ゲームで優勝を決めたいですがいかがでしょうか。という計らいにより、最後30分くらいは勝ち残り方式のゲームにより少々激しくなりましたが、そこはちゃんと普段は、ミックスでエンジョイ志向なのでということを言っており、運営に関しては素晴らしいと思いました。

あと、運営スタッフがよかったのは、激しくなりそうになるとすぐに抑えるような声かけをしていたところです。「スピード上がってきたのでケガだけは気を付けてください」とか、激しい競り合いになりそうな時にもすぐに「気を付けてください」と声をかけていたのはとてもよかったと思います。こういう地道な声掛けを怠らないことが非常に大事なことです。 

本日は岡崎レスターの優勝が決まるかのマンU戦。レスターが優勝とか日本人がプレミア制覇とか恐ろしい。凄い時代だわ。 
プロフィール

なみけん

QRコード
QRコード
お問い合わせ