フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

今日の良かったこと悪かったこと

今日の良かったこと

・浮き玉をトラップ出来た
・粘ってキープして空いてる味方にボールを出すと時もあった
・冷静にシュート出来た時もあった
・ドリブルで急がずに出来た
・キックフェイントを何度か入れられた
・キープするときボールタッチを多く出来た
・何度かノールックでパスが出来た


今日の悪かったこと

・ドリブルで横に行くということを忘れてた
・ボールを持ったとき無理な態勢からパスしてミスがいくつかあった→無理な態勢の時はちゃんとボールを保持できる態勢にする
・シュートの時、ダイレクトで打ってミスった→ゴールを確認してトラップかダイレクトか見極める
・守備の時、誰かが取りに行った後のボールを取りに行くことを忘れてた
・敵の陣形でどこに集中しているか見るのを忘れてた
・ドリブル中顔をあげられてないことが多かった

【ゲーム中に考えること】ボールを持ったときの行動指針

昨日はプレー中、複数のテーマを持ってやろうとしても複数同時に考えられないことが分かった。今日はプレー中、一つのテーマを集中して考えるようにしたい。

何を考えるかというと、ボールを持ったときの行動だ。

基本的に以下の順で考えるように意識する。

1.いいポジションのパス相手がいるか
2.ドリブルで前に進めるか
3.前に進めなければ横に進んで、1と2をまた検討する

パス→前→横の順で考えることだ。ここで大事なのが、「横」に進むということ。ボールを持ったまま止まっててもあまり状況は好転しない。周りが動いてくれれば別だが、初心者には「ボールの無いところの動き」というのが難しい。

そこで、自らが動くしかないが、前に突っ込んでしまうのが本当に良くない。なので横に進みながら、状況が変わってくるのでまたパスコースを探したり前に進もうとしてみる。

要するに、
「何もできなければ横にドリブルする」
これだけだ。

そして、今日やってみたら思いの外上手くいったような気がする。結局、一つのことだけを考えようとすると、意外と他のことも考えられることに気付いた。

だから、とりあえず、一つのことを集中して考えるようにするのがいい。プロの選手ですら、試合の時のミーティングで伝えることは3つくらいらしいし。

最近、戦術に追われてて基本的なことを忘れがち

この間の試合でもそうだったが、最近、クワトロという戦術をやっていて、その動きに追われている。それで自分がこれまでやってきた技術なりが出せてない気がする。

なので、自分が良かったときは何を考えてたかを覚えておくことが大事だ。

自分が良かったとき考えてたのは、以下のようなことだ。

・ドリブルは横に進んでもよい

・ボールを見ないこと
・逆のプレーをすること

・ドリブルは歩く速度で
・球離れを良くすること

今日は原点に立ち返ってこれを意識してやってみようと思う。


やってみた結果、上手くいかなかったような気がする。というのも、考えることが多すぎて結局何も考えられないという状況になってしまった。

まだ、完全に自分の中に考えが浸透していないときは、同時に複数のことを考えられない。今回は5つあったので考えられなかった。

行動としては出来てたかもしれないが、単発で出来たかどうかが分かりにくい。一つだったら出来たかどうかが分かる。

動きながら考えるということがこれほど難しかったかと、改めて思ったので、明日は一つのことを考えて、それが出来たか出来てないかで判断したい。
プロフィール

なみけん

QRコード
QRコード
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: