フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

【ゲーム中に考えること】ボールを持ったときの行動指針

昨日はプレー中、複数のテーマを持ってやろうとしても複数同時に考えられないことが分かった。今日はプレー中、一つのテーマを集中して考えるようにしたい。

何を考えるかというと、ボールを持ったときの行動だ。

基本的に以下の順で考えるように意識する。

1.いいポジションのパス相手がいるか
2.ドリブルで前に進めるか
3.前に進めなければ横に進んで、1と2をまた検討する

パス→前→横の順で考えることだ。ここで大事なのが、「横」に進むということ。ボールを持ったまま止まっててもあまり状況は好転しない。周りが動いてくれれば別だが、初心者には「ボールの無いところの動き」というのが難しい。

そこで、自らが動くしかないが、前に突っ込んでしまうのが本当に良くない。なので横に進みながら、状況が変わってくるのでまたパスコースを探したり前に進もうとしてみる。

要するに、
「何もできなければ横にドリブルする」
これだけだ。

そして、今日やってみたら思いの外上手くいったような気がする。結局、一つのことだけを考えようとすると、意外と他のことも考えられることに気付いた。

だから、とりあえず、一つのことを集中して考えるようにするのがいい。プロの選手ですら、試合の時のミーティングで伝えることは3つくらいらしいし。

最近、戦術に追われてて基本的なことを忘れがち

この間の試合でもそうだったが、最近、クワトロという戦術をやっていて、その動きに追われている。それで自分がこれまでやってきた技術なりが出せてない気がする。

なので、自分が良かったときは何を考えてたかを覚えておくことが大事だ。

自分が良かったとき考えてたのは、以下のようなことだ。

・ドリブルは横に進んでもよい

・ボールを見ないこと
・逆のプレーをすること

・ドリブルは歩く速度で
・球離れを良くすること

今日は原点に立ち返ってこれを意識してやってみようと思う。


やってみた結果、上手くいかなかったような気がする。というのも、考えることが多すぎて結局何も考えられないという状況になってしまった。

まだ、完全に自分の中に考えが浸透していないときは、同時に複数のことを考えられない。今回は5つあったので考えられなかった。

行動としては出来てたかもしれないが、単発で出来たかどうかが分かりにくい。一つだったら出来たかどうかが分かる。

動きながら考えるということがこれほど難しかったかと、改めて思ったので、明日は一つのことを考えて、それが出来たか出来てないかで判断したい。

【フットサル大会】ウルトラビギナー大会に出る(3回目)

3回目となるウルトラビギナー大会挑戦です。

先週土曜日に開催されたのですが、あいにく雨でした。雨となるといつもと違う感覚が出てきます。それは、

「とにかく滑る」

ということです。

ボールも地面も滑ります。そうすると、以下のようなことが起こります。

・走ってて止まりにくくなる
・トラップしにくい
・ドリブルしにくい
・(ワンバウンド目)ボールが進む
・(ツーバウンド目)ボールが止まる
・キーパーがボールが滑って守りにくい

それを踏まえて気を付けて試合しようと思いましたが、上手くいった部分も上手くいかなかった部分も両方ありました。

そんな中、自分達も含めよく集まったなと思うのですが、5チーム集まって開催されました。さすがサッカー、この辺が他の競技と違う。

結果は2分2敗で最下位だったので、まあいつも通りです。でも、今日は相手チームも強いところが集まっており、それ相手に2分け出来たので良かった方だと思います。

雨の中で試合というのは初めての体験だったのですが、一つ分かったことがあります。

「雨の中でも上手い人は上手い」

ということです。

通常上にも書いたように雨になるとボールが滑るからいろんなミスが起こるのですが、上手い人はドリブルもトラップも晴れてるときかのごとく上手いです。

これは元々の上手さと、幼少期から雨の中でやってきたことがあるという体験が強いのだと思います。大人になってからフットサル始めた人には圧倒的に雨の中でやった経験が少ないもので、これに慣れるまでが大変です。

こればっかりは経験なのでしょうがないですが、元々の技術が伴っていれば雨の中でもその技術は活きるので、やはり基本技術をきちんと練習することです。
プロフィール

なみけん

QRコード
QRコード
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: