フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

【初心者クリニック参加】初心者が考えるドリブルに関する考察

どうも、30代後半フットサル初心者【なみけん】です。

2016年5月21日(土)埼玉某所にてドリブルクリニックへ参加、一応初心者用と思われる。

【内訳(見た感じ)】
男性:4名 男の子:2名

Lv1(一回もボール蹴ったことないです):0名
Lv2(ボール蹴ったことはあります):0名
Lv3(フットサルから始めました):0名
Lv4(まあそこそこ蹴れる):男性4名 男の子2名
Lv5(経験者):0名

0代:2名
30代:1名
40代:2名
50代:1名

【内容】
・リフティング①(15分)
・リフティング②(15分)
・ドリブル(足裏フェイント①)(15分)
・ドリブル(足裏フェイント②)(15分)
・ドリブルゲーム(15分)
・ドリブル1対1(15分)
・4対4ミニゲーム(30分)

今日の初心者クリニックはテーマが引き続きドリブルです。先週に引き続きドリブルの中でも足裏フェイントをやりました。

■昨日考えたドリブル法はどの程度出来たのか

今日は、昨日考えたドリブルの仕方はあまり出来ませんでしたが、思いのほか1対1が上手くいきました。

昨日考えたのは、
1.まず、 相手を見ます。相手を見て左右どちらが空いてるか見ます。空いてる方に最終的には抜こうとするのですが、まず、空いてない方にフェイントを入れてから、空いてる方に抜きにかかります。

2.そこから相手が、抜こうとする方の足を出して一発で終わりそうなら、そのまま同じ方向にもう一度振って、ダブルタッチや足裏でアウトに出す方法で抜きにかかります。相手が付いてくるようであれば、逆に切り返します。抜けなければもう一度1に戻ります。

3.1で相手を見て左右どちらも空いてなさそうな時、これは自分から見て右方向に動きます。その際左半身でボールは自分の右後ろに置くような感じで、右足の足裏でドリブルをしていきます。

4.それだけで抜けそうだったら抜くし、抜けなさそうだった場合、香川ターン(アウトで逆をとるターン)で逆をとります。

で、今日やってみて出来たのは、1のどちらが空いてるかを見ることだけで、素直にそちらから抜きに行くことしか出来なかったのですが、しかし、これが思いのほか効果があったような気がします。

■ドリブルで最初に必要な3つのこと

ドリブルをするのに必要な1つ目は、何でもいいから自信をもって動く根拠があって先に仕掛けられる、ということです。自信をもって動くということは相手にむやみに取りに来させないことになります。相手も何をしてよいか分からず自信なさげにしているボール保持者には優位に取りにきます。

結局はどっちを空いてるかは当たってなくてもいいんだなと思います。右が空いてると思えば、右に行けばいいという、最初の1歩が踏み出せるということです。それが重要で、というのもボール持った時に何も出来ないという状態から脱することが大事です。

右が空いてると思ったら、それが間違っててもどうでもいいのです。とりあえず、右に行ってみることです。そこから空いて無ければさらに抜こうとするのですが、まず最初に仕掛けるということが大事です。

ドリブルに必要な2つ目は、これは1対1だけなのかもしれませんが、1対1では、抜いてゴールを決めるところまでやります。なので、抜いたらすぐシュートというのを意識したことです。

今までは抜いて相手が付いてきてたらシュートブロックされるような気がして打てませんでしたが、意外と半分かわしたくらいでシュート打っていいことが分かりました。また、別にシュートブロックされたところでいいので、このかわしたらシュートを打つという一連の流れが大事です。

ドリブルに必要な3つ目は、単なる1対1で抜くのは難しいという考え方があることを知ったことです。今までは攻撃側の方が完全に優位だと思ってたので、抜かなければいけないというプレッシャーがありました。

でも、抜くのは難しいとのことであれば精神的に楽になり、逆に思いきって仕掛けられるようになりました。

2015年9月号のサッカークリニックでそのようなことが記載してあり、これには目から鱗でした。

********************************************

2015年9月号サッカークリニック p27 
セゾンフットボールクラブ 岩谷総監督 「『1対1』は守備の練習と言える。『奪える』と思わせて突破する」

1対1に見える試合の局面で抜かれていても、「1人に抜かれている」わけではありません。守備側の選手が「ほかの選手へのパスもあるかな?」と思うから抜けるのです。

逆に言えば、切り取られた状況での1対1で守備側が抜かれるのは良くありません。「攻撃側の選手が抜きに来る。」、「抜くしかない」という状況で抜かれてはいけないのです。

(中略)

「とにかく抜かれないようにしている選手を抜く」のは誰にとっても難しいことです。能力差やスペースがなければ、抜けません。

********************************************

このような3つのことで、やっとドリブルのレベルが1つ上がったような気がします。また、ドリブルについて何か分かったら記載していこうと思います。

自分のドリブル上達法を考える

どうも、30代後半フットサル初心者【なみけん】です。

今日も個サルに行こうかと思いましたが、最近少し行き過ぎているので、お金の節約を考えて行きませんでした。

■深夜の公園で自主練をする

その代わり、深夜一人で公園へ自主練習に行きました。やはり自主練習をしないと、色々と追いつきません。ただ、30代後半のおじさんが深夜に公園で一人でサッカーをするという、職務質問をされないか、されても構わないという勇気が必要です。

そして公園ですが、人がなるべくいなさそうで住宅街から離れている公園を探すのですが、中々なかったです。さすがは都会東京です。ちっちゃい公園はあるのですが、あまりにも住宅街過ぎて目立つのでやめて、逆に国道沿いとかの方が車の音がするのでそちらの少し大きい公園にいきました。

■明日の初心者クリニックでやってみようと思うドリブル

明日は、また初心者クリニックなのですが、そこでのドリブルで意識することを考えました。またイメージだけはできているのですが、実際にやれるかどうかは別です。でも今度はなるべくシンプルかつ具体的な行動にしようと思います。

1.まず、 相手を見ます。相手を見て左右どちらが空いてるか見ます。空いてる方に最終的には抜こうとするのですが、まず、空いてない方にフェイントを入れてから、空いてる方に抜きにかかります。

2.そこから相手が、抜こうとする方の足を出して一発で終わりそうなら、そのまま同じ方向にもう一度振って、ダブルタッチや足裏でアウトに出す方法で抜きにかかります。相手が付いてくるようであれば、逆に切り返します。抜けなければもう一度1に戻ります。

3.1で相手を見て左右どちらも空いてなさそうな時、これは自分から見て右方向に動きます。その際左半身でボールは自分の右後ろに置くような感じで、右足の足裏でドリブルをしていきます。

4.それだけで抜けそうだったら抜くし、抜けなさそうだった場合、香川ターン(アウトで逆をとるターン)で逆をとります。

まず、ここまでのシンプルな方法で明日はやってみようと思います。これだけでも全くシンプルではないのかもしれませんが、まず、やってみようとして、それからまた次の作戦を考えます。 

【知り合いのフットサル参加】やっぱりドリブルは難しい

どうも、30代後半フットサル初心者【なみけん】です。

今日は都内某所で知り合いが会社仲間でやっているフットサルに参加しました。

■やる前の今日の自分のテーマ

最近の自分のテーマはドリブルです。今日のテーマは、ちゃんとキープする時はキープする、ドリブルする時はドリブルする、ということを落ち着いてできるか、というところを意識してやろうと思います。

今のところ、相手が来た時にキープをやろうと思えば出来るのですが、相手が来ない時にどうするかというのが今一つ出来ません。今日はそこのところを重点的にやろうと思います。

と、思ってましたがどうも人数が集まらず、ハーフコートで3対3や3対4をやるという通常とは違う状況となりました。だがしかし、どんな状況でもフットサルに変わりはありませんし、上手い人はこういう状況でも上手いもんです。なので、変則的な状況ではありますが、それを言い訳にしないようにしたいです。

■やってみると全然思った通りに出来なかった

ハーフコートでも全然楽しかったのでよかったのですが、しかしながら自分の技術的には全然できなくて、ドリブルというものは難しいものです。思っていたことの1割も出来なかったです。出来たのはボールタッチを増やして、少しやってる人っぽくキープ出来たくらいです。パスをもらって止まったら、次には頭の中には何も浮かばず、変にキープして取られることが多かったです。

何故だろう、イメージトレーニングでは色々やろうと思ってたのに。いくつかやろうとしてたことがあったのですが、実際にそのシチュエーションになった時には頭が真っ白状態でした。

■基本のボールの持ち方を一つ作ってみる

うーん、どうすればいいのでしょうか。上手そうな人がやってたのは、自分の左側でボールを隠しつつ右足でボールを動かして進むというドリブルのやり方です。このやり方は結構多くの人がやってるような気がします。とりあえず、それを基本としてやってみつつ、ダブルタッチとか、足裏フェイントを足していく感じでしょうか。

とりあえず、基本となる型を一つ持っておくということがいいような気がします。なので、次は試しにそのようなボールの持ち方をやってみようと思います。
プロフィール

なみけん

QRコード
QRコード
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: