フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

キーパー(レベル1★)フットサルのキーパーは恐い!?

どうも、30代後半フットサル初心者【なみけん】です。

個サルや初心者スクールに行くと、フットサルのキーパーをやることに大体なります。(フットサルではキーパーのことをゴレイロといいますが、ここでは分かりやすさのためキーパーということにします)このキーパーなんですが、やるにあたって色々と不安があると思います。

■基本が分からない

まず、フットサル自体も初心者なのに、キーパーなんて経験があるわけなく、基本がどう振る舞ってよいか分かりません。痛いのか、ケガしないのか、相手が攻めてきたらどこにいればよいのか、ボールを持ったらどうすればよいのか、味方が攻めているときはどこにいればよいのか、キーパーから始める時どうすればよいのか、バックパスがきたらどうすればよいのか。ほんと色々分からないことはあります。

とりあえずどうするかっていうと、ただ自分のゴール前にいればいいです。というと逆に簡単なような気もします。そうなんです、通常時は下手に動いたりしなくてよく、周りとのポジショニングとか考えなくていいのでキーパーの方が簡単だと思う時はあります。

■とりあえず、相手と自ゴールの間に立とうと意識する

一応のキーパーのポジショニングとしての基本は、ボールを持ってる相手と自分のゴールの間に立つことです。ゴールを守ってるのでゴールの前に立つのは当たり前と思うかもしれませんが、慣れないうちは自分のゴールの場所感覚が思いのほか分からないものです。なので、後ろを見たりしたいのですが、そんな暇はありません。

なので、最初のうちは自分のゴールのなるべく真ん中あたりにポジショニングすることになります。フットサルのゴールは狭いのでこれだけでも結構守れたり、相手が外してくれたりします。

■強いシュートは意外とこない!?(たまに来るけど・・・)

さて、ポジショニングはいいとして、当たり前ですがそこに相手はシュートを打ってきます。全然知らないうちは相手が至近距離からシュートをバーン打ってきて、顔にバシーン当たって鼻血ブーなんじゃないのか、キーパー怖い、と思ったりします。このようにシュートが恐いのですが、意外とみなさん強いシュートは打たれません。

これには理由が2つあって、1つはフットサルのゴールは小さいのでただ強いだけのシュートは入りにくいです。なので、コントロールしたシュートを狙ったり、ドリブルで抜こうとしたり、股の間を抜こうとしたり何かしら狙ってきます。

もう1つは初心者のための個サルやスクール限定ですが、強いシュートを禁止してます。これは注意事項に小さく書いてあるだけで、知らない参加者がいたりもするのですが、いい運営スタッフがいるところだと、強いシュートがあった場合、ちゃんと注意もしてくれます。

まあ、こういう理由があるにしても、そんなに強いシュートを打たれないってだけで、強いシュートを打つ方ももちろんいますが、これはその日集まったメンバーによるのでしょうがないです。たまに、意図的に強いシュートを打つ方もいたり、意図的でなく流れ上強いシュートになってしまったり、本当の初心者の方は強いシュート以外の選択肢を知らなかったりするので、しょうがないと思います。

■顔と急所を守ろう

そんな、強いシュートを打たれた場合や、弱いシュートを打たれた時でも、当たって痛いときは痛いです。かといって、最初からよけるわけにはいかないのですが、よける準備はしておきましょう。特に顔と急所は守る準備はしておきます。その方が精神衛生上、安心できます。

最初はその意識を持ちつつ、取れそうだったら取るし、取れなさそうだったらなるべくダメージの少ない方法で当たります。それが出来ないんだよ、というのも分かりますが、なるべく自分の身は守りつつゴールも守るということです。完全に最初からキーパーとしての役割を放棄しない、ということです。

私としては、相手のシュートに対して完全にボールをよけてしまうのは良くないと思ってます。一応ゲームとしてやってる上では、キーパーは守るという目的のもといますし、全然守る意識がない方がいると興ざめします。

■キーパーやるのはそんなに怖くないってのを伝えたかったのですが・・・

えー、キーパーやるのはそんなに怖くないっていうのを伝えたかったのですが、どうでしょうか。技術的より精神的な部分が大きいような気がするのでレベル1★ではこのようにお伝えいたしました。まだ、バックパスやキーパーからの再開で手で投げることなど重要なことはあるのですが、それはまた次の機会にします。

ドリブル(レベル2★★):少し動いて止まれるようにする

ドリブル(レベル1★):ボールを置く位置
ドリブル(レベル2★★):少し動いて止まれるようにする

どうも、30代後半フットサル初心者【なみけん】です。

■ボール動かせる位置にボールを置いたら少しずつ動く

ドリブル:レベル1で利き足の下にボールを置くとしたのですが、その状態が出来たら次にそれを保ちながら少しずつ動きます。ゲームであれば、前に行けるなら前に行くし、前に相手がいる場合は横に動きます。

常に自分の支配下にボールを置いているということが大事です。そのためにはまずは少しずつボールと一緒に移動しなければなりません。ボールを動かす時に使う足はどの部分でもよいのですが、特に何も知らないとトーキックで進んでしまったりして、これは良くないです。なぜならボールタッチの強弱やコントロールが凄くつけにくいからです。

ボールタッチの強弱やコントロールがつけやすい部分で動かすことが必要です。足のどの部分で動かすかというと、アウト気味の足の甲か足裏が比較的多いようです。これが意外と初心者には難しいです。アウト気味の足の甲はボールをなでるようにとよく言うのですが、この感覚も難しく、強めに蹴ってしまうことが多いです。また、足裏は接地面が浅くなりすぎるとボールが付いてこないし、接地面が深くなりすぎるとつんのめってしまいます。

どちらで触るにしろ、優しく弱めに触ることが必要です。

■前に進もうと思ってはいけない

まずはゲーム中だと相手を抜こうとは思ってはいけません。というか、そうそう抜くことは出来ません。抜くという以前ですが、前にも進まなくてもよいのです。前に進む意識を消すことが必要です。でもゲームで前に進まないっていう選択をするには精神力が必要です。

そもそも最初は自分がボールを持った時どうしてよいか分からず、前に進むのは何となく正解と思っているからとりあえず進む、という意識がまずあってしまいます。前に進まないってのはそういう常識というか、空気感からのプレッシャーを感じます。

サッカーは自由です。前に進まなくても正解なんです。相手がいて抜く技術がないのに前に進むくらいなら、止まってたり横や後ろに動いた方がマシなのです。前に進まなくてもOKだという意識がないと、前に下手に進んでしまいますし、大して見もせず前にパスを出して相手に取られてしまいます。なので、前に進まなくてもよいという割り切りを持つことです。

前に進まなくてじゃあどうすればいいんだってのはありますが、もちろん、いずれは抜いたりパスしたりすることを覚えることが前提です。 選択肢として前に進む一択ではないってことです。

■少し動いたらすぐ止まれるようにする

そして、少し動いた後は止まるという技術が大事です。意外と動いたら動き続けてしまいます。 動き続けて相手にそのまま当たってしまうということがよくあります。なので、少し動いたら止まる、というかいつでもすぐに止まれる状態でいるというのが重要です。

ボールが前すぎると止めることが出来ないので、ボールは出来るだけ自分の真下にくる状態を保持します。なので移動するときは体が先、ボールが後という感覚を持つことが大事です。なので初めは弱すぎるくらい弱いタッチでドリブルすることになると思います。えっ、こんなに弱くていいのってくらいドリブルは弱いタッチです。そうしてないとスピードに乗りすぎてボールがあらぬ方向にいったり、体がボールに追いつかなかったりします。 

止まるときは足裏で止めるもよし、逆方向から足を出して止めるのもよし、何でもいいのですがあまり強くやりすぎないように、次のプレーにスムーズに移れるように軽く止めるよう意識した方がいいでしょう。

ルール(レベル1★):フットサル初心者がレッスンや個サルに参加する上で最低限知っておく2つのルール

どうも、30代後半フットサル初心者【なみけん】です。

ルール(レベル1★):フットサル初心者がレッスンや個サルに参加する上で最低限知っておく2つのルール

初心者スクールや初心者個サルに行くとき、まあフットサルのルールなんて基本的にそれほど知らなくていいんですが、ちょっとこれは知っておかないと失礼だろうと思うくらいの最低限のルールはあります。  

手を使ってはいけないとか、キーパーだけは手を使えるとか、通常のサッカーと同じルールは根本的なことなので除くとして、フットサルとサッカーとで違うルールが色々ありますが、本当に最低限知っていればよいルールは以下の2つです。
(以下の2つのルールの中でも細かいルールはあるのですが、とりあえず省きます)

 ■キックイン
フットサルではスローインではなく、キックインになります。相手がサイドラインからボールを出したら自分達のボールになり、サイドライン上にボールを置いて足で味方にパスをします。

■ゴールキーパーは手で投げる
フットサルでは、ゴールキックではなく、キーパーから始める場合手で投げます。 相手が触ったボールが自分達のゴールラインから出た場合、自分達のボールになり、キーパーは手で味方に投げてパスします。

以上、とりあえず2つを覚えておけば何とかなります。それ以外はまた後で覚えていってよいでしょう。

■番外編:オフサイドは無し

番外編でプラス1つ。フットサルにはオフサイドがありません。これも全く知らないと意外と分からなかったりするので覚えておいたほうがよいです。 
プロフィール

なみけん

QRコード
QRコード
お問い合わせ
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計: