フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

今日は昨日と一昨日考えたことを実行して上手くいったが、単に練習量が増えただけな気もする

今日フットサルやってきて、ちょっと見えたなと思う。昨日のディフェンス時のやることをやったら上手くいってボールご結構取れた。「ディフェンスは抜かれないようにしつつ、なるべく敵に近づく」というものだった。

これは元々、一昨日行った個サルでみんな上手かったのだが数人下手な人がいて、その数人下手な人が集まったチームの時にそこの常連の上手い人から「ディフェンス当たりに行っていい!」と結構強めに言われて、かなりムカついたのだがそこで気づいた。それを聞いてディフェンスってもっと近づいていいんだなと思ったのは事実。でもムカついたから暫くその個サルには行かんけどな(* ̄∇ ̄)ノ

そういうわけで、ディフェンスは上手くいった。攻撃も実は少し上手くいった。こんだけやってれば少しは効果があれよと、自分でも思うがまあ多少はあったわけです。でも、逆に言うとこんだけやらないと効果がない。

攻撃で上手くいったのは、ボール保持の部分で、これはごめん、周りの動きがあまりなかったのでパスミスも多くなったが、ボールの保持が前よりは長い時間出来てた。無理にパスしないということが出来ており、また、周りも見えてた気がする。今日は横に行くことは出来てはいたが、結構二人に囲まれる場面があったりしたので、それは流石に無理って思うけど、それでもまあまあキープ出来てたと思う。これを続けていこう。

ただ、結局フットサルやる量を増やしたから上手くなったような気もする。こういう集中的にやる時期も必要かもしれない。あとは、違う環境でやるのも必要かもしれない。

ディフェンスについて考える

昨日は、ゲーム中に考えることを自分なりに絞りました。

①トラップ
(何でもいいから気合いで一発で止める)
②ボール保持
(前に行く振りをして横に行く)
③ボールを離す
(基本的に、ノールックで)

これはこれで次にフットサルやるときに試そうと思います。

それで、今日はディフェンスについてです。ディフェンスってよくわからないんですよね。というのも、初心者はディフェンスを教えられた経験があまりないと思います。私が今までやってきた練習でもディフェンスを教えられるという経験はほとんどありませんでした。

なのでほぼ独学というか、サッカーのディフェンスは本やテレビなんかで学んだりすることはありますが、じゃあ、実際どうするかというのは自分の経験とサッカーのディフェンスの薄い知識ですが、ディフェンスについて考えておきたいです。

ディフェンスにも攻撃と同じように、個人ディフェンスと集団ディフェンスがあります。とりあえず初心者は個人ディフェンスを学ばなければいけません。で、これが非常に難しいのです。

まず、そもそもの考え方は「ボールを持ってる人には、一人はディフェンスに行く」って事だと思います。よく自分の場所に来なければディフェンスしないって初心者がいたりしますが、あれは何をすればよいか、自分がディフェンスに行くべきなのかが分かってないんだと思います。誰もディフェンスに行ってなければ行くべきなんです。(あまりに敵陣深くの場合行くのかという議論はありますが、一旦置いておきます。)

で、自分がボールを持ってる人にディフェンスに行くとして、どうするかということが次の段階です。まず第一に「抜かれないようにする」ことですが、取りにいかないと怖さがないので、「抜かれないようにしつつ、出来る限り敵に近づく」ということです。

初心者にありがちなのが、ただ単純に真っ直ぐ一定のスピードで向かっていってかわされることかあるので、なるべく敵に近づくのですがゆっくり絶対かわされないという意識で徐々に近づきます。そして、ボールに触れる距離まで近づく。最終的にはゼロ距離まで近づくことを目標とする。

もちろん、まだまだやるべきことはたくさんあるのですが、とりあえず 今回はディフェンスについて以下のことを意識していこうという話でした。
「ボールを持ってる人には一人はディフェンスにいく」
「抜かれないようにしつつ、出来る限り敵に近づく」

【ゲーム中に考えること】:もっと単純にしないと頭が追い付かない

前回、ボールを持った後やることを決めた。

①前方面へのパス
②横方面へのパス
③前方面へのドリブル
④横方面へのドリブル
⑤キープ

これを、ボールが来る前に①②くらいは済ませておきたい、と思っていた。昨日練習と今日練習試合と個サルでやってみてどうだったかを振り替えります。

■もっと単純に、もっと初歩的に

結局、パスコースが中々無かったのとボールを持った後、五個も考える余裕がないってので、ほぼ出来ませんでした。前方面への意識は向いたので少し効果はあったかもしれませんが、今一つでした。なので、この考え方は一旦捨てます。もっと初歩的なことや、もっと単純なことを考えたいです。

それよりも思ったのが、もっと前段階で重要なことがあって、それは、自分のところでボールをとにかく取られずに、安定して繋げるということです。初心者はトラップ、ボール保持、ボールを離す、で三回大きく取られそうになる瞬間があって、これですぐに敵ボールになってしまって、そもそもゲームにならないです。なんで、まずはこの3つをとにかくしっかり行い、ボールを取られないことが大事です。

①トラップ
②ボール保持
③ボールを離す

■トラップはとにかくなんでもいいから気合いで一発で止める

まずトラップですが、これは1つだけ。
「とにかく一発で止めること」
それだけです。簡単なボールでも、正直それすらも私を含む初心者は出来ないです。何故かというと、たぶんですけど普段の練習では、正面から来るボールしかトラップ練習してないとか、敵がいない状態でのトラップ練習しかしていないからだと思います。

なので、横や斜めから来るボールのトラップや敵がいる状態でのトラップや、動きながらのトラップや、スペースにだされたボールのトラップの練習が必要だと思います。強いボールや浮き玉やずれたボールが来ることがゲーム中は多いので、そういうのをトラップする練習も必要かもしれません。

そして、トラップのコツというか、自分の場合は、「とにかく気合いで止めること」です。もはやコツでも何でもないです。でも、止めて前を向くとか、止めると同時に動かしてかわすなんてことは考えません。とにかくどこに当ててもいいからピタッと止める 、それだけです。

②ボールを保持する
で、ボールを保持する。これが一番難しい。で、思ったのが、もう決め打ちです。何故なら初心者はボール持ったら最後、前に立たれたりボールを取りに来られたら何も出来ません。不利な状態です。私がそうです。なので決め打ちです。

何を決め打ちするかというのは人それぞれでしょうが、私は「縦に行く振りをして横に行く」これです。

縦って基本的には切られます。なので横に行ってその後のボールを離すに繋げたいのですが、単純に横に行くだけでは取られてしまいます。なので一旦縦に行く振りをして横に行くことにします。

③ボールを離すですが、これは②をやりながら探していくことになるんですが、これについては「全部ノールックで」を基本としようと思います。

これで3個やることが決まりました。

①トラップ
「とにかく気合いで一発で止める」
②ボール保持
「縦に行く振りをして横に行く」
③ボールを離す
「ノールックで」

とりあえずこれでやってみようと思います。
プロフィール

なみけん

お問い合わせ