フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

ドリブル・キープで色々考えたものの、結果、ゲーム中に考えることを実際は考える

前回ドリブル・キープで色々と状況があるという記事を書いたのですが、プレー中は実際そんなこと考えてられないです。実際のプレーってのはコンマ何秒の世界なのです。なので実際にはこんな情報量は考えてないと思います。というか、私は無理です。

でですね、ドリブル・キープはそれはそれで必要ことなのですが、結局、ゲーム中の一場面を切り取ったものでしかないです。練習や考え方は必要だとは思うのですが、自分も年なので手っ取り早くゲーム中に限定しての能力を上げることに注力することを考えます。

ここからは完全に試しながらなので色々と考え方はぶれると思いますし、自分の能力との兼ね合いを考えながら色々と試してみようと思います。

まず今日試してみようと思うことは、「やること」を順番で単純に決めてしまおう、ということです。

①前方面へのパス
②横方面へのパス
③前方面ドリブル
④横方面ドリブル
⑤キープ

まあとにかくボールをもらってからやることを考えてたので、ボールか来る前にある程度考えておきたいです。せめて①と②くらいはボール来る前に確認を済ませておきたいです。

【実際にやってみて思ったこと】
ボールが来る前の確認をすっかり忘れてました。やはり、どこでボールをもらうかに一生懸命になりすぎて、もらう前の確認を疎かにしてしまいます。これはボールをもらう位置をある程度自動化するのと、常に他の味方がいる場所をよく見る意識することが必要です。これは意識するだけなので出来そうな気もするのですがどうだろうか。

また、ボールをもらってから、①②③④の順番を考える余裕がありません。何となく前、それが行けなければ何となく前以外くらいしか考えられてないです。これについては再考の余地があります。

プレーの選択を根拠あるものにしたいんですよね。そうでないと後で思い出すことが出来ず、結局何が悪かったかが分からないままになってしまいます。かといって即興は必要です、というか、どうせなら全部即興でやるのが最終的な理想なんですが、それも初心者なんである程度までは論理の力か欲しいのです。

明日は【ボールをもらう前に、常に他の味方の場所を把握する】を目標にします。

ドリブル、キープするための判断材料を詳細に見てみる

最近ずっと、ドリブルとキープについて考えているのですが、考えれば考えるほど色々なことが絡み合っている気がしてどつぼにはまりかけているので一旦整理してみます。

どんなときもそうだと思いますが、まず状況があって、どのような選択をするかという流れです。状況も色々あって、「自分の状況」「敵の状況」「状その他の状況」があり、その中でも以下のような状況が判断材料としてあるなと。

「自分の状況」
自分のボール保持体勢(良いか、悪いか)
自分のベクトル(前後左右か、ストップか)
自分の目線(ボールか、ボールから切ってるか)
自分とボールの位置(利き脚か、距離等)

「敵の状況」
敵との距離(間合い)
敵のベクトル(前後左右か、ストップか)
敵の体勢(良いか、悪いか)
敵の読み(パスカット狙ってるか等)

「その他の状況」
味方の場所(パスが狙えるか等)
他の敵の場所(抜いた後取られないか等)
ドリブルしてる場所(自陣か、敵陣か等)
ボールの状態(浮き玉か、回転がかかってるか等)

まだ他にもあるのでしょうが、とりあえず状況としてこういうのがあって、そこから結果的にどういう選択をするかと。「キープ」と「ドリブル」に分けると以下のような選択肢があるでしょうか。

「キープ」
正対した状態でキープ(横、後ろ移動)
敵とボールの間に自分の身体を入れてキープ

「ドリブル」
敵を抜く
敵を押し込みながら進む
ドリブル、パス、シュートのフェイクを入れて敵の足を止める

まだまだ、選択肢はあるでしょうがとにかく判断材料は多いわ、状況は刻一刻と変わるわ、それに応じた選択をしなければいけないわで大変です。

とは言うものの、こんなに色々なことを考えてるはずもなく、このような状況から何個か選んでいるのだと想像します。例えば、敵とこれくらいの距離だったら抜こうとか、自分の体勢が整ってなければキープにしようとか。

逆に取られたりしても色々な理由があって、例えば敵との間合いだったのか、自分の体勢が悪かったのか、自分とボールの距離だったのか、敵の体勢と自分の方向が合ってしまったのか、など何が悪かったかを考える材料にはなるかなと思います。

大会に出ると毎回のようにキープ力が足りないと思う

大会に出たら毎回思うことが、「敵のプレッシャー速っ、全然ボール持つ余裕ないやん。」ということです。敵に寄せられただけでどうしょうもなくなって、ボールを失ってしまいます。自分がボールを持ってる状態だと「キープなんて出来ねーし」って思うのですが、こっちが取りに行こうとすると、敵のボールはこれが見事に取れない。ということは、上手い人はキープ出来るってことです。

■ただ単にボールを見ないで運ぶ(ドリブル)するということにも、習得するには順序立てたプロセスがある

上手い人と何が違うのだろうか、と思ったりもするのですが、色々方法で違うのです。で、むやみに上手い人の真似をするのも違うのだろうと思います。上手い人がやってる動きをいきなり出来るかと言われれば出来ないわけです。ものには順序ってもんがあります。

上手い人のボールキープ技術の一つに、【ボールを見ないで運ぶ(ドリブル)】という動作がありますが、習得するまでには、

ボールを見て真っ直ぐ運ぶ
ボールを見て真っ直ぐ速く運ぶ
ボールを見て真っ直ぐ遅く運ぶ
ボールを見て真っ直ぐ緩急をつけて運ぶ
ボールを見て横に運ぶ
ボールを見て横に速く運ぶ
ボールを見て横に遅く運ぶ
ボールを見て横に緩急をつけて運ぶ
ボールを見てジグザグに運ぶ
ボールを見てジグザグに速く運ぶ
ボールを見てジグザグに遅く運ぶ
ボールを見てジグザグに緩急をつけて運ぶ

と、ここまで出来て、次にボールを見ないで運ぶという気の遠くなるような手順が本当は必要です。それを大人になってからちょっとやったくらいで出来るかっつーと、やはり出来ないわけですよ。努力が必要。

で、こういう練習がつまらないからボール持ちながら鬼ごっことかで、なるべく楽しんでやれるようにするわけですが、レベルを上げるには単純に練習量が必要であることもまた事実です。

ということで、練習量が必要という見も蓋もない結果になってしまいますが、周りの上手い人は何で出来るのかっていうと子供の頃の練習量ですよ、ということはもうしょうがないので、じゃあ大人になった我々はどうやって対抗するかってことを毎回大会終わりには考えます。
プロフィール

なみけん

お問い合わせ