フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

2017年10月

【フットサル大会】フットサル初心者がウルビギ大会に出る(17回目)

DSC_0002


2017年10月28日(土)11:00-14:00ウルビギ大会
2017年10月28日(土)15:00-17:00初級スクール
2017年10月29日(日)12:00-14:00知り合いチームと練習試合

えー、土曜日は「埼玉チーム」にてウルビギ大会でした。結果は、

リーグ戦
第1試合0-0分け
第2試合2-2分け
第3試合6-1勝ち
第4試合3-0勝ち
勝ち点8

3位決定戦
第5試合1-2負け

10チーム中4位でした。

まあ、優勝目指しているのでみんなは悔しそうでしたが、自分としては良い試合運びが出来たと思うので、まあまあ満足です。1得点2アシストだったのかな。

狭いコートと広いコートがあって、狭いコートの時に全部分けと負けだったので、狭いコートの時の戦い方を考えなければならないかもです。広いコートではボールも回っててい良い試合をやってました。

まあどうせいつも考えさせられるので、大会の振り返りを。

①個人で良かった点
②個人で改善する点
③チームで良かった点
④チームで悪かった点
⑤全体的な感想

①攻撃時、ボールホルダーの横に位置するフォローのポジショニングがまあまあ出来た。
ディフェンスの時のカバーがまあまあ出来た。
前プレをかける時の判断が上手くいった。
1対1が少しは強くなった。

②パスの判断が遅い。
パスを横に出すときと前に出す時の判断が悪い。
パスの精度が悪い。
ポジショニングが今一悪い。

③得点が取れるようになった。
広いコートだとパスラインを作って広く使うことが出来た。

④狭いコートだと前プレ時に前に進むことが出来なかった。

⑤まあまあ良かったのではないかと思いますが、ここから勝ちきる事だったり優勝するには、リードしてる時の戦い方やリードされている時の戦い方を知る必要があるかもしれないです。ただこれは経験というのが大きいかも。

我々はまだ大会における経験が少なく、重要な試合の見極めだったり、相手チームを見たりするところまでは行ってないので、今後はそういう事が必要かもしれないです。ただこれは難易度が上がりますけどね。

なぜボールと人を動かすのか:よりよい体勢でボールを持つため

2017年10月27日(金) 1200-1400 個サル

しばらく、といっても一週間空いただけなんだけど、フットサルをやってなかったので、こうなってくると自分のプレーとか何が足りなかったのかを忘れてしまう。全部足りないんだけど。

自分達の動画を見たりして思った事だけど、ボールも人も総じて動きが足りないんだなと思う。ボールを持った時に、相手が来れば否応なしにドリブルやパスで動くのだが、ボールを取りに来ない時に、ボールホルダーも動かないし、受ける側も動かない。ボールを持った後そこから動かないでパスを出そうとするから、無理やりなパスを出して取られてしまう、ということが多いような気がします。

今日行ってきた個サルでも同じような事が多々あって、途中からガチとゆるに分ける形式だったのですが、明日大会もあるしゆるで調整しようと思って入ったものの、味方がボールを持っても誰も動かないので、自分が余計に走ってゆるなのに体力をえらい消耗するということに。まあそれはいいんですけど、このパスを受けるために動くということがやはり初心者にとっては一つの壁なんだなと再認識するいい機会でした。

これを解消するためにはどうしたらよいのだろうとも思ったのですが、まあ個サルはしょうがないとして、自分のチームについては、場面を見せてここはこうした方が良いなど伝えるのが一番手っ取り早いのですが、その前になぜ動かないといけないのか、ということをちゃんと伝えられる背景がないと伝えられないですね。

なぜ動かないといけないのか。そうしないと、パスをもらうことが出来ないのですが、まず相手マークが外れないからということで動かないことがあると思いますが、それは相手はずっとついては来ないということを認識しないといけない。相手がずっとついて来ると感じるということは、それは相手の視野にずっと入っているということ。ということは自分をマークしている相手の死角に入らないといけない。それでいてパスをもらえる場所。ということなんですが、それは基本難しいです。

となると別の角度からになりますが、とりあえず動くとスペースが出来るのでそこにまた違う人やボールホルダーがドリブルで入ることによってマークが外れる。なぜマークが外れるかというと相手マークがずっとついて来ることは無いから(横の動きは特に)。マークが外れることによって、よりよい体勢でボールを受けることが出来る。よりよい体勢で受けることが出来ればパスやドリブルの選択が増える。と、こういったことでしょうか。なんだか別の角度って訳でも無い気もしますが。

そうすると、目的はボールをよりよい体勢で持つことになります。周りが動くことによって、ボールホルダーがよりよい体勢がずっと保てているようであればそれでいいですし。が、これは体感しないと分からないかもしれないし、最終目的はゴールを奪うことなので、その前段階ということになりますけどね。

試してみたら上手くいったyoutubeで見つけたドリブル理論

DSC_0496


2017年10月14日(土) 10:00-12:00 初級スクール
2017年10月15日(日) 9:00-11:00 初級カップ

写真と動画を全て消してしまったので、ブログに写真を載せるために良い景色を探してます。というように、何々をするために→何々する、というやることを逆算すると、結果をやろうとすることからその過程を自然とやるのではないかと思いました。

フットサルでいうと、
・ダイレクトでパスを出したい→ボールが来る前にどこにパスを出すか考える(周りを見る)
・シュートを打ちたい→相手を少し外すフェイントを入れる
・ゴールを決めたい→相手キーパーをよく見る、ワンタッチでゴール決められる場所に移動
・パスカットしたい→次にパスを回される場所を予測する

ということで、やりたい事(結果)だけを抜き出したら、

・ダイレクトでパスを出す
・シュートを打つ
・ゴールを決める
・パスカットする

こんな当たり前すぎることになってしまい、何だか思ってた事と違うけど、ニュアンスは伝わるかなーといったところなので、取り合えずいいや。

さて、昨日と今日フットサルやって思った事なんですが、やる前に1つyoutubeで動画を見ていったんですよ。それはあなたへのおすすめで出てきたと思うんだけど、ドリブルの動画で、これがまあ自分には効果がありました。

こういうのってリンクを貼って良いものなんだろうか。まあいいや。「フットサル ドリブルの抜き方理論」というタイトルなんですけど、これを試してみたら思いの外上手くいきました。

そんなに難しくないです。このそんなに難しくないってことが大事なのかもしれない。変にダブルタッチやシザースの動画を見るよりは遥かに役に立ちました。

基本的に「アラの位置からサイドラインに平行にボールを持った状態から縦に抜くかカットインするか」ということなんですが、これが分かりやすく解説されてます。

今までは単純にボールを持ったら前を向こうとしていたり、真ん中から抜く方法ばかりを考えていましたが、横を向いてボールを持ったり、抜くのはサイドからにするという事が自分にとっては考え方が新しくて、しかも上手いこといきました。

今後このドリブルをを続けていってみたいと思います。

明日のフットサルでやることの思い出しと、決まった事は何もないということ

DSC_0492


明日は久しぶりに、いつもと違うスクールへ。何故かというと「東京チーム」の一人に誘われたから。誘われたからには何か話があるのかもしれないし、無いのかもしれない。まあどっちにせよ誘われたら行く事でこういう繋がりが続くので、こういうのは行っておこうかと。嫌とか無理やり行くではないので。むしろ話をしたいのかもしれない。

フットサルやるのが久しぶりというわけではないんだけど、今週仕事が忙しかったせいか久しぶりな感じがしてしまう。

ということで、何をやるのか忘れてしまってたのだが、こういう時にブログを書いておくと、過去の記事から思い出せるので良いことだと思った。

・常にボールが来た後の事を考えておく
・トラップ時はオリエンタード
・攻めの時に、本当にやりたいことをやるために別のことをやる振りをする
・攻めの時に、ボールが動いてない時は自分が動かす
・攻めの時に、ボールホルダーの横か後ろに必ずセーフティーを作る
・攻めの時に、相手のいる位置を見て、どこが空いてるかを意識する
・守備の時に、カバーを意識する
・守備の時に、相手の利き脚を切る

こんなことを最近思ってたようだ。まあ、技術的にはそういうことを思い出していこう。

最近色々と調子は良かったのだが、今週は仕事でミスすることが多く、悩んだ1週間でもあった。そんな時に思ったのが、やはり「そうであるかもしれないし、そうでないかもしれない」ということだ。

人間、比較的に良いとされている行動があって、それから逸脱するとダメだとか間違ってるとかいう風になっているが、本来それも正解は無いもので、そんな正解っていうのも人が決めた正解でしかない。正義なんてものも、その時代や立場で変わるもんだしってことです。

まあ、フットサルでも最近人に対して言う人だとか、コーチにしても俺はそんなことはあんまり思ってないのにそんなんじゃ勝てないとか言うし、まあ色々あるんだけど、そんなんも本当はどっちでも良い事ではある。ただ、自分にとっては良いか嫌かはあるってことだ。例えば、みんなにとって嫌だろうなと思うことが自分にとっても嫌だから、そういうことがあったら言ったり言わなかったり、離れたりするだけだ。

うーん、最近、人に対するどうこうを書くことが増えとるなー。 まあ、結局良くも悪くも面白いのも面白くないのも人間関係だったりするわけで、社会で生活してる以上はそれが付きまとってくる。

でもまあ、総じて今は休みの日が楽しい。

そして、決まった事というのはないので、本当物事はどっちでもいい、ということを肝に命じたい。


人に対する態度とか何とか

2017年10月9日(日) 9:00-11:00 初級カップ

ちょっと携帯のデータを全部消してしまうということをやらかしてしまい、凹んでおりますので、今日はどうでもいいことを書いていこうと思います。しかも、今日は三連休明けで仕事やだなー、も混ざってるので余計マイナス思考です。休みの間って凄く楽しいんですけど、毎日こういう風にはいかんのかな…と、未だ子供みたいな事を考えてしまいます。

まあ、こういうマイナスの事が起きた方が何かを書きたくなる。書いた方が自分の考えを整理出来るので。書くことで自分の中のマイナス部分が少し減ったりします。逆に調子が良いときはあまり書く気がおきないです。

昨日は「東京チーム」で初級カップでした。もはや初級カップと言っても人数が集まらないので、ただの個サルみたいになってますけど。相手は俺も所属している「埼玉チーム」。なので、ほぼ知り合いというね、まあ良いんだけどなんかね。

結果はウチの3勝4敗1分で、まあまあいい勝負してるんだなという感じですが、「東京チーム」は女性二人とついに復帰した60代のおじさまがいるので、中々健闘したんだと思います。

そんな中、やはりというか、最近また味方に対する攻撃的な指示だったり、接触プレーだったりが増えてきました。ウチ女性も60代もいるんだからさ…少しは抑えようという気はないのかね…と思うのですが、難しいというか出来ないようです。というよりそもそもそんな抑えようという気が無いのかも。

うーん、そういう気持ちは持ってて良いんだと思いますけど、後はどれだけ相手の事を考えるかとか、思いやりや気遣いを出来るか、それを勝負に対する気持ちを忘れずに出来るかってとこなんでしょうけど、そもそもね、そういう事をみんな考えるかといったら考えないだろーなという気はします。これは自分でもそうですし、別にフットサルに限った事では無いんですけど。

自分も同じように、知らない間に人に指示したり嫌な想いをさせてたりするのかもしれない。そういう気持ちでいるのですが、それを考え出すと何も言動出来なくなるので、最終的には人のやることなんて正解は無いんだから自分だけそういうことが出来るだけ出来ればいいやと思います。

人がどうしようが何を言おうが関係無い。その人はそれが良いと思ってやってるんだから。でも、中々そんな風に割り切れないし、人に不遜に見える態度を取ってる人を見て自分が嫌な気持ちになることもあるので、そういう時は注意しそうになるんですけどね。もちろん、最初はやんわりと、というか冗談っぽくですけど。

そういう強めの指示や接触プレーが続くと、女性が嫌になってしまわないかとも思ったりするのですが、ウチに来てくれる女性はそんなことも無いんですよね。基本的にフットサルやってたり、スポーツやってたりするから慣れているのでしょうか。ほんと良かった。

競技志向というか、そういうのも良いんですけど、俺はなるべく誰もが楽しめるような環境があった方が良いというコンセプトの元動いているので、なるべく女性とか年齢が上の人に参加して欲しいんですよね。日本サッカーが強くなるとか盛り上がるためには、結局サッカー人口を増やすことが一番だと思っているので。

という大袈裟な事を言いましたが、俺が女の子とフットサルがしたい、それで仲良くなりたいという邪な考えがあるんですけど、まあそういう二重の意味があっていいよねってことで私にとっては女性も増やそうという方向性があるわけです。

といっても、チームも無くそうと思えばすぐ無くしますけし、辞めようと思えば辞めますしね。これを続けなければいけないって気張ってしまうと、自分自身の気持ちがあまり良い方向に向かないので。これは自分にとってはの事なので、人には言わないですけど。
プロフィール

なみけん

QRコード
QRコード
お問い合わせ