フットサル初心者「ゲーム中どこに動けば良いのか分かりません。。」「ゲーム中全然パスが回ってこないけど、何が悪いんだろう。。」

こういった疑問に答えます。

どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

上手くなりたくて色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したって事柄があるんです。

そんな自分が上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

目次
◼️ボールが受けられないとは
◼️ボールホルダーと一定の距離を保つ
■ボールが受けられないとは

フットサル初心者にとって「フットサルってどこにいれば、ボールを受けられるんだろう」という悩みはよくあります。私も以前はそうでした。

まあ、正直どこにいても間違いではないです。なぜならば、フットサルはどこにいても自由だし、ルール上は問題ないから。

しかしながら、
「フットサルをやる以上は勝ちにいきたいし、そのためにはよりよいポジションを取りたい。」
と思います。

なので、

「味方からボールを受けやすい位置」

を知る必要があります。

この「ボールを受けやすい位置」に行くには様々な方法があって初心者には難しいのですが、そんな中でも比較的改善しやすい事柄があるので、その一つをこの記事ではお伝えいたします。

それは、

【ボールホルダーと一定の距離を保つこと】

です。

◼️ボールホルダーと一定の距離を保つ

まずどこでボールを受けるか分からないという方に聞きたいのが、ボールホルダーと自分との距離を考えたことがあるでしょうか?ってことです。

例えば、自分にボールが来れば凄くチャンスとなる位置ってのがあります。

しかし、そこがボールホルダーから離れすぎていると、パスをする方は長い距離を蹴らなくてはなりませんし、その間には敵が沢山いるかもしれません。パスというのは距離が長ければ長いほど、失敗する確率が高くなります。

逆にボールホルダーとの自分との距離が短すぎても問題です。今度は近すぎる人同士がパス交換しても意味が無いですし、近くに味方がいても味方が邪魔になります。


なのでボールホルダーとの距離ってのは長すぎても短すぎてもダメで、一番大事なことは、


【ボールホルダーと一定の距離を保つこと】

です。


その一定の距離に明確な基準は無いのですが、一つ基準をあげるとすれば、ボールホルダーのパスが「グラウンダー」で「ある程度正確」に届く距離です。これも何となくですけどね。


まあ、大体ボールホルダーから7mくらいでしょうか。なので、ボールホルダーから7mくらいの距離を取ります。とすると、以下のような図になります。

スライド1

  そして、このボールホルダーが移動すると、もちろん受ける側も移動しなければなりません。
  スライド2
  これが中々初心者には出来ません。私もボールホルダーが移動しているのに、よくボーッと突っ立ったままになりがちでした。

また、パスを受けようとフリーランニングするのは良いのですが、初心者は行きすぎたりします。これも注意して、円の外周上で止まる必要があります。

初心者がおちいりやすいミス
・ボールホルダーが移動しても、自分は止まってる
・フリーランニングで円の外周上を行き過ぎる
スライド3

また、ボールホルダーと敵との距離により、ボールホルダーのパス出来る距離が短くなります。
スライド4

敵が遠い場合は、パスを出来る距離が長くなるので受ける側も離れます。スライド5



これは、敵が近い場合にはボールホルダーの視野は狭くなります。これは基本的なことでほぼ全員そうなります。上手い人はあえて敵を引き寄せてから味方にパスを出すということが出来たりしますが、ここではボールホルダーも初心者という前提で考えます。

こんな風にボールホルダーの周りを円で囲っていて、その円周上がボールを受けるポジションです。それを常に意識して動くことが、

【ボールホルダーと一定の距離を保つこと】です。

これで、随分ボールを受けることに関しては改善されると思います。

一つやっかいなのは、これを考えながらプレーするのは中々頭が追いつかないことがあり、最初の方は分かっていても忘れてしまってたー、ということがあるかと思います。そこは頑張って練習などで意識することによって徐々にでも慣れていってください。

ポジショニングについて、ボールホルダーとの関係を考えましたが、次は他の味方や敵との関係性を考える必要がありますので、それは次の記事をご覧ください。