初心者のフットサルで、自分がボールを持っている時によくある困った状況がある。それは、味方はほぼマークに付かれているが誰も動かず、ボールを持ってる自分にも前に1人敵がいるという状況だ。

正直「詰んでいる」と感じる。

何故ならば、パスを出そうにもパスカットされるか、味方には敵が近いので出しにくい。でも自分の目の前の敵をドリブルで抜くまでの実力もない。

でもこれをどうにかしなければいけないのがフットサルである。一応以下のようなことをやろうと試みる。

・ドリブルで敵を1人抜こうとする
・ドリブルで味方のマークに付いてる敵を釣り出す
・パスを敢えて出して、味方のキープ力にかけるか
・パスを敢えて出して、自分がフリーなスペースで再度もらう
・動かないで味方の動き出しを待つ

こういう次のプレーイメージを次から次に出さなければいけない。一番成功の可能性が高いプレーを考えるが状況が次々と変わるので、その都度次のプレーイメージを考え続けなくてはいけない。

でも、そもそも初心者には無理だ。人は一つのことに集中している時、その他のことまで気が回らない。まず自分のボール扱いが下手な時にはそれ以外のことは考えられない。次の判断に進めない。

フットサルには以下のような関係性の難易度がある。

1.自分とボールの関係
2.自分と一番近くの敵との関係(1対1)
3.自分と一番近くの敵と味方の関係(2対1)
4.2対2~4対4
5.敵全体の位置関係
6.味方と敵の全体的な位置関係

だから、実際は「1.自分とボールの関係」が出来たら「2.自分と一番近くの敵との関係」が考えられるようになる。初心者はまず1がまともにできず、まともでないまま2か3の状況に進んでしまいミスする。

脱初心者になるには「1.自分とボールの関係」を考えなくても出来るくらい自動化するのと同時に、2以降の関係性のを反映させた練習も必要だ。