■ドリブルは歩く速度で

先日、自分のプレー動画を見て下手さ加減にあきれたのだが、その中で2つ改善した方がよいところがあった。

関連記事:フットサルにおける自分とボールと敵味方の関係性について

・敵の状況を理解する
・ドリブルは最初は歩く速度で

「敵の状況を理解する」の方は、前に関係性の記事を書いたが、非常に難易度が高いので一端保留とする。「ドリブルは最初は歩く速度で」の方は意識すれば初心者でも出来るためやっていこうと思う。

ドリブルはなぜ歩く速度でかというと、初心者はとかくボールを持ったら前に行かなきゃと焦って何も考えずに突っ込んでしまう。本来ならパスやシュートといった選択肢を持たなければいけないので、それを持つ前提として余裕を持ってボールを持つという意味を込めてる。

■球離れを良くすること

もう一つ自分の動画を見て、出来てない事があった。それは、「球離れが悪い」ことだ。自分としては直ぐパスしている方だと思っていたのにボールを持ってる時間が長い。それは、周りを見れていないということもあるがもう一つ理由がある。

これは、自分がもっと下手だったころにパスするのがバレバレだったので、敵から読まれないために一度ドリブルしてからパスしようと思ってたからだ。なので、どんな状況でもボールをもらったら一度はドリブルするようにして、進めなくもなるべくボールを持つようにした。

そんなプレーを意識してたからだろうか、動画で見ると球離れが悪いプレイヤーになってしまっていた。

■球離れを良くしたら感じたこと

一昨日の初心者スクールでは、とりあえず球離れを良くすることに集中した。そうするとある程度周りが見れるという相乗効果があった。これは、パスを出そうとすると当然周りを見ることになり、味方がフリーの状態で出したいから早く周りを見ることになる。

もう一ついい効果もあって、自分がドリブルも少し出来るようになったから、ドリブルフェイントしてパスという選択肢が増えてることに気づいた。ドリブルが出来るという自信があれば、パスが活きるということを実体験した瞬間だった。

■球離れを良くして上手くいかなかったこと

それで、今日の目標
【なるべくパスしよう】

で、今日のゲーム中やってみたがあんまり上手くいかなかった。パスを出した先の味方が相手にマークされていることが多かった。

パスをして敵が来たらもう一度戻してくれればいいものの、まずドリブルしようとする。これは初心者あるあるなのかもしれない。それで無理なドリブルをしてボールを取られることが多かった。

ボールをもらった時に、ドリブルだけではなく最初からパスという選択肢を考えられるようになると、初心者から一歩抜け出したということかもしれない。