DSC_0223


フットサル初心者「技術的にまだまだだけど、戦術練習をやって意味があるのかなー。。」という疑問に答えます。

<目次>
1.フットサル初心者が戦術をやったら良い効果があった
2.最初は下手になった気がした
3.慣れてくると戦術の意味が分かってくる
4.具体的に戦術練習をやって良かった
5.まとめ



どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

1.フットサル初心者が戦術をやったら良い効果があった


フットサルをやり始めて個人技術が少し上手くなってきた時期くらいから戦術をやり始めました。

これが思いのほか良い効果があったので、それを本日はお伝えします。

2.最初は下手になった気がした


とはいえ、戦術をやり始めた当初は、自分が下手になった気がしました。

これは何なのでしょうか。

これは戦術をやり始めるとそればっかりに頭を使って、その他のことにまで頭が回らなくなったからだと思います。

クワトロという戦術をやり始めた時には、その動きばっかり気になって1対1に集中出来なかったりしました。

このように、新しいことをやり始めると、それまで出来てたことが出来なくなったりします。

3.慣れてくると戦術の意味が分かってくる


このように下手になったような気がしたりしたので、初心者が戦術とかやってもフットサルの基本が分かってないから意味がないとか、個サルなんかでは戦術なんか使わないから意味がない、と思ってました。

しかしながら、一ヶ月くらい経って慣れていくと、段々意味があるのかもしれないと思ってきました。

その理由を以下に記します。

・パラレラ、ジャゴナウといった用語を戦術を覚える際に使うけど、こういった言葉は他の人との意思疏通のための共通語として有効

・戦術をやってみることで、敵の動かしかたとかマークの外し方といった個人戦術が身に付く

・戦術にとらわれて基本技術を発揮出来ないという経験から、自分基本技術をまたまだ伸ばさなければと感じる

こんな感じです。

4.具体的に戦術練習をやって良かった点


パラレラ、ジャゴナウといった用語を共通語として使えることについては、戦術を実際やってみるとかなり自分の中にイメージがつきます。

それを共有したいとにに「サイドライン際にいる味方にパス出して、自分はパスを出した味方がいる側の前のサイドラインに走ってボールを受ける動き」というよく分からない説明も、「パラレラで~」という一言でどういう動きか一緒のイメージを持てるのは凄いことだと思います。

また、私は最初にクワトロという4人で後方で回して攻めていくという戦術を学びました。

クワトロではサイドから攻撃するという目指すべき方向性があるため、まずサイドから攻めることが可能かという敵の状況を把握しようとします。

まずサイドを狙うということが、私にとっては新しい概念で、それをを与えられたことで、敵の何を見ればよいのかということに新たに気付くことが出来ました。

5.まとめ


ということで、本日はフットサル初心者が戦術練習をやったら役に立つことがいくつもあったことをお伝えしました。

このように、戦術をやることで自分にとってプラスに働くことがあります。

でも、ある程度基本技術が出来てから取り組まないと、どっちもおざなりになる可能性もありますけどね。

それでは本日はこの辺で締めたいと思います。

《オススメ記事》
フットサルのドリブル上達のための動画5選+練習方法【無料】

ボールを持ってないときに何を見るべきか【敵の配置を見る】