昨日はウルトラビギナー大会に参加してきました。最近は毎月末に参加するようになり、4回目の参加になります。

結果を言うと「惨敗」っていうことでね、まあいつものことですよ。結果は1分3敗。その負けたゲームも0-4とか0-5で点が取れないんですよね。うーん、我々のチーム何がいけないんだろうか、と。もうダメなところは色々ありすぎて訳分からんっていうのが正直なところです。

結局、いつもと同じことを思うのですが、基礎的な技術が色々と足りてなかったということです。ドリブルもパスもトラップもオフザボールの動きも、全部足りてないということは分かります。

とりあえず大会に出る前に自分の中でやろうと考えてたことを、振り返ってみます。

【攻守の切り替えをマイナス秒で】
とにかく攻守の切り替えを速くしようということなんですが、これは意識して今までよりは出来た気がします。まあ試合に負けてたということはまだまだ出来てないってことなんでしょう。でも出来てなかった部分というのは、切り替えというよりは切り替えた上でもっとちゃんとしたポジションをとってないってことだと思います。ボールを取られそうになった時に戻れてはいるのですがその戻る位置が悪いとか、攻める時には前に行くけどボールをもらう位置が悪いとか。

ただ単に攻守の切り替えを速くするってのは、まあ意識の問題なんで出来るものなんですが、超初心者の人にとっては結構難しいと思います。この理由は想像するに、いつが攻め時守り時かというのが分からない。攻守どちらもどこにポジションとっていいのか分からない。ワンプレーしたら一回休んでしまう。そもそもボールがどこにあるのか見てない。そもそもフットサルという競技がどういうものか分かってない。もう最後の方の理由はフットサルやることのそもそも論じゃね?って思うんですが、未経験の女性なんかを見てると結構そういうところなんじゃないかという気もします。

そういう人には、とりあえずボールから目を離さないっていうことを覚えることかなって気がします。結構、リターンパスを返されても見てなかったりしますからね。