前回の続きで、ウルトラビギナー大会に出る前にやろうと思ってたことを出来たのか検証します。

【守備の時ボールを取りに行く】
これは、私自身守備の仕方がよくわからないので基本ディレイでいこうと今までは思ってたのですが、一対一は取りに行くものだということを聞いて実践しようと思った次第です。何かの動画で「後ろに重心を残しながら、敵との距離感を出来るだけ詰める」というのを見たのでやってみました。

これも意識してたら出来たような気がします。実際に取れたの2回くらいでしたが、トラップミスやパスミスを誘発出来たような気もします。

【ボールを絶対に取られない】
これは、大会になると自分がボールを持っている時にすぐ取られてたので、気持ちの面で取られないって意識していこう。技術的にはキープ重視でいこうと思ってました。しかし、私の場合はキープの技術が伴っておらず、これに関しては気持ちよりもまず技術の習得が必要だと感じました。

【攻撃も守備も一人でやる意識で】
これに関しては、守備の時お見合いのようになってしまったり、攻撃の時もバランスを見てゴール前まで行かなかったりする事があったので、それならば全部行ってしまった方がいいだろうと思ったことです。これはやろうと思えば出来たのですが、結果的にバランス重視でやった方がいいと思いました。

という感じで、意識の部分では出来るけど、やはり技術が伴っていないとどうにもならないことが多く、基本的技術の向上に努めようという気がしました。

その基本的な技術の中で今回一番感じたのは、キープする技術が足りないと何も出来ないということです。敵を抜くドリブルではなく抜かないでも敵に取られないキープ。いかに自分がボールを持った状態を安定的にいられるか。敵に近づかれにくい状況を作り出せるか。これが出来れば、パスや抜くドリブルやシュートはその後の工程なので、後で身に付けて良いのではないかと思いました。