DSC_0670



2017年6月17日(土) 18:00-20:00 スクール
2017年6月18日(日) 14:00-16:00 知り合いチームと練習試合

やる前は、こうボールがきたらこうやってプレーしようというイメージがハッキリあるのに、実際やってると全くそのイメージを忘れてしまい出来ません。これは何なのか。

前々から何度も思っていることなのですが、やはりボールを持つとその事に集中してしまい、余裕がありません。ボールを持ってない時もボールを受けるためにはどこに行けば良いかに集中してしまい、余裕がありません。

ボールを持った時は特に考えなければならないことが無数にあるので、余裕が無くなります。

・自分のボールのコントロール
・自分と相手DFの距離
・自分に対する相手DFのプレス強度
・味方が何処にいるか
・味方と味方に付いてる相手DFの距離
・味方に対する相手DFのプレス強度
・ゴールは空いているか

このような事が刻々と変化し続けます。そんなことをイチイチ考えてから行動に移していられません。

なので、考えておくことはシンプルにする必要があります。イメージすることは数個に限定、そしてそれも反射的に出来るようなことに限定する必要があります。

土曜日にスクールに行ったときに、まあまあこれなら出来るかということを教わったので、実戦しようと思います。前にも教わったことなんだけど。


■自分のトラップ時

・相手DFが遠い→トラップと同時に前に進むか、一旦止める
・相手DFが近い→トラップと同時に横に動く(相手DFとは逆のベクトルへ)

■自分がボールを持ってる時

・相手DFが遠い→ドリブルで進む
・相手DFが近い→パス、ワンツーを考える

■自分がピヴォの時
・何処にパスを落とすか決めておく

■味方がボールを持ってる時

・味方と相手DFの距離が近い→なるべく近い位置に行く(横か後ろにサポートする)
・味方と相手DFの距離が遠い→なるべく遠い位置に行く(相手DFの位置を見て、パラレラかジャグナウ)
・味方の内、二人はパスを貰える位置に行く

取り合えず、これくらいなら考えられました。なので、考えられるのは2パターンの一手先くらいなもんです。後はこれが意識しなくても反射的に出来るレベルまで達してから次の事を考えられるのでしょう。

ここ4日連続でフットサルをやるという部活動みたいな事をやっていたのですが、プレー的にはそれほどでもなかったのですが、ゴールは結構取れました。やはりシュートを打ってみて何度も失敗してるのが良いのかもしれません。

プレーはそれほどではなくても、やはり点を取ってると自信が出ますね(^^)

【6月のフットサル】
2017年6月15日(木) 19:00-21:00 初心者スクール
2017年6月16日(金) 12:00-14:00 個サル
2017年6月17日(土) 18:00-20:00 スクール
2017年6月18日(日) 14:00-16:00 知り合いチームと練習試合