DSC_0734


以前の記事を見返してみると、大会の時にボールキープ出来ないことに苦しんでるなー、ということを思い出しました。その当時から比べると凄くボールキープの技術は上がっている気はします。

何が変わったのかと思ったのですが、特段何かをやったわけでもなく、練習でボールタッチの練習をしたり、遊びでボールをこねくり回しているウチに自然と出来るようになった感じです。何だか以前は、「意地でもボールキープする」という精神論的な事も書いていたのですが、まあそういう気持ちも必要なんですけどね。

ヤバイ、途中の文章を公開にしてた。ということを公開しておこう。

それはそれで良しとするとして、ボールキープの技術といっても大したことはなく、自分が考えてるのはとにかく横や後ろに逃げるということです。その時に前に行くとか、前にパスを出すという意識を持ってることが大事かもしれません。

前に行くという意識を出してないと、相手から詰められる速度が早いです。ディフェンスしてるとパスを出されるかもと思った時にはパスカットの意識が働くので、突っ込んでこられるのを押さえられます。なので、パスを出す振りをするキックフェイントが有効で私自身もやることが増えたような気がします。

とはいえ、プレッシャーが強いと中々余裕もないんですけどね。この前も小学生とやってて、あいつらマジでボール取りに来ようとするし、はがしてもはがしても付いてくるスタミナがあるので、ちょっとおじさん無理だわってなりました(笑)

前に行く意識というか、取り敢えずは前にパスを出せないかとまず考えます。そうすると自然と前を見ることになり、相手ディフェンスが突っ込んでくるのを抑止する事にも繋がります。パスコースが無ければドリブルを考えるのですが、一旦左右どちらかにキックフェイントや進もうとすると、何となく相手がそっち方向にどれくらいの強度を持って止めようとしてるか分かるので、それを見てその方向に行くか逆方向に行くかを決めます。

本当は左に行く振りをして右に行くとかフェイントがあるといいのですが、中々出来ません。やるだけの余裕が無いです。