DSC_0050


2017年12月14日(木) 1900-2100 初級スクール
2017年12月17日(日) 1200-1400 チーム紅白戦&忘年会
2017年12月22日(金) 930-1230 個サル

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

私はといえば相変わらず、フットサルやっているのですが、飲み会やら飲み会やらフットサルやらゲームやらで中々ブログを更新出来ておらず、そんな感じです。

さて、この前は「東京チーム」で初めてチーム内で紅白戦と忘年会が出来ました。いやー、これだけの人数が集まる事ってそうそう無いかと思っていたので、本当に良かったです。

この「東京チーム」ですが、私が代表というわけでは無いのですが、私ともう一人が実情運営を回してるような感じになってます。回してるといっても相手チームとの調整と、スケジュール組むのと、こっちの人集めと、動画のアップロードくらいで、代表というよりは単に雑用と調整を引き受けてるっていう感覚です。

かといってそれだけで済まない時もあり、チームとして連れていってる以上、荒っぽいプレーが出てきたらそれを回避しないといけないわけですけど、まあこれが中々難しくて、、基本的に私からは言わないんですけどね。春くらいに一回言っただけで後はなるべく言わないようにしてます。みんないい大人なんで。

そんな中、チームの一人がフットサル大会に出たいということを言い出しました。その人はこの前の「埼玉チーム」に助っ人で出ていただいた人で、フットサル大会に出たのは初めてでした。大会に出たことで内なる魂に火を付けてしまったのか、「東京チーム」でもミックスでいけるのではないかと。

まあ、「東京チーム」の実力の方はまだまだで多分出ると健闘した上で最下位になるくらいでしょうか。それはいいんですけど、それ以外に懸念材料がありまして、それは目的と雰囲気問題です。

大会に出るいうことは勝ちにいかなきゃいけなくなって、それはいいんですけど、そうすると「あの人のプレーがあんまり。。。」「味方への指示が激くなる懸念」「チーム戦術を取り入れるか」「プレー強度が上がる」など、チームとして問題を多く抱えるというのと、雰囲気が悪くなる可能性がある要素が色々あって。

それと、そもそもチームとして勝ちたいのか楽しみたいのか、というよくある問題にぶち当たります。楽しんでみんなでワイワイやりたいって人も当然いるわけで、大会に出るとなるとそれが崩れる可能性があります。

私としての個人的な目標はフットサルの普及で、そのためには老若男女上手い人でも下手な人でも安心して楽しんで出来る環境を作る事と思ってます。こうなると、大会に出ことに対して慎重になってしまうんですよね。

もちろん、上手くなってくると実力を試したくなる気持ちも分かります。私も別のチームで大会に出てるからこっちでは出なくていいと思ってるわけだし。

ということを、今日は別のチームの代表の方と話す機会がありまして。話すといってもラインですけど。他のチームも抱えてる問題や思ってることは同じなんだなーと思い、話せて凄く良かったです。そのチームがミックス大会に出たときの戦績も教えてもらって、それもかなりの収穫でした。

あと、その代表の方から私の家の近くのチームがあるから、今度、3チームで対抗戦やりましょうと言ってくれて、2月にやることになりました。本当にありがたい!

でもねぇ、何年か前まではまさかこんなことを考えるようになるとは思ってなかったよホントに。いつかどこかのチームに入れたらいいけど中々そんなこと無いなーと思ってたくらいなので。まさかチーム掛け持ちする事になるとは。

まあ、取り敢えずはこのまま様子を見つつ、人数をもう少し増やした段階で考えようと思います。あと、一人一人に何となく大会とか出たいか聞いてみようかと思います。そこからまた改めて考えよう。