◼️フリーの味方にボールを預ける

今、一番の攻める時のテーマは、フリーの味方にボールを預ければ良いのではないかということ。

フリーの味方は自分の後ろにいる味方でも良い。

要するに、ピッチ全体を使ったロンドが出来れば、それで十分事足りるのではないかと思うわけだ。

結局、それが出来ればボールは失わないし、続けていればいずれは相手のゴール前に行く時もあるだろうし、シュートはその時にすれば良いと思う。

俺も含めて、後ろも使って良いという気持ちが少なすぎる。これも前に行かなければいけないとの気持ちの制約があるせいで、あまり動けないでいる気がする。

◼️ゲーム中もロンドをやれば

前に行かないで、ただのロンドのつもりでやれば、ボールを持っていない時もフリーになって、ボールを受けようという動きをするはずだ。前に行ったというのはロンドをやった結果で良いと思う。

そうは言っても、相手が取りに来ないのに後ろの方でばっかりボールを回しているわけにもいかない。なので、相手が引いて守っていたら前に行かなければならないが、そこでもロンドの感じを守りつつ、少しずつ前に進めば良いのではないかと思う。

ゲームをロンドと思うことの良さはこの他にもあって、ボールをもらう前の動きも良くなる。

・パスをもらった次の事も考えている
・常にボールの方に身体を向いている

あくまで、自分はロンドの時は自然とこうなるって感じ。

そうするともはや全てはロンドで行けるのではないか、という気がする。バルサかと。

ただロンドはロンドでやるとしたら、この前の記事で書いた、「まずゴールを見る」ということからは反するのかもしれない。なので、この趣旨は残したまま、「ボールを持ったらまずゴールを見る。」「それ以外は全てロンド」の2択で良いのではないかと思った。

まあ、それをやるにはロンドの趣旨をちゃんと理解してて、ある程度やれる技術が必要だけど。