【最終更新日:2019/3/13】【公開日:2018/8/3】

DSC_0617


フットサル初心者「パスやトラップはある程度出来るようになったけど、ゲームになるとボールを取られまくる。。」という悩みに答えます。


<目次>
1.とにかくボールを失わないという意識
2.後ろでも良いという意識
3.ボールを失わないためにやるべき2つの技術
4.まとめ


(この記事は2分で読めます)



どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

今日お伝えしたいことは、

フットサル初心者が最初に意識すべき大事なことは、

【ボールを失わないこと】

です。

1.とにかくボールを失わないという意識

フットサル初心者が、最初に出来るようになりたいのがトラップとパスです。

逆に言うと、これが出来れば最低限周りに迷惑をかけることもありません。


初心者がパスを成功させる6つのコツ

パスとトラップがとりあえず出来るようになったら、次のレベルの悩みが出てきます。

それは、ゲーム中ボールを持った時にどうすればよいのだろうか、という悩みです。

そこで、次のことを意識してほしいです。

それは、

【ボールを失わない】

という意識を持つことです。

ボールをすぐ取られてしまうと守備をしなければならなくなって、「あーあ、アイツにパスすると取られて敵のボールになるなー。」と思われてしまいます。

ほとんどの人は守備より攻撃の方が好きなんです。

そこで、まず最重要な事として

【ボールを失わない】

という意識を持つ。

そして、ボールを失わないようにパスを繋ぐという意識を持っていたいです。

味方チームがボールを保持していれば、点を取られる可能性は限りなく低いです。

サッカー監督のグアルディオラもこう言っています。

「ボール支配率100%が私の理想だ。」

なので、味方の攻撃を続けるという意味で、【ボールを失わない】という意識は凄く大事な事です。


2.後ろでも良いという意識


【ボールを失わない】なんて当たり前だろうと思われるのですが、ボールを持つとそれ以上にある意識が上回ってしまいます。

そのある意識とは

「前に進む」

という意識です。

初心者はゲーム中、こういうことを考えて前に進むというプレーの選択をしがちです。

ボールを持ったけど、どうすれば良いのか分からない

とにかく前に進めれば正解だろう

味方を見ずに前にパスor周りを見ずに前にドリブル

フットサルのゲームの性質上、当たり前ですけど前に進むことは間違いないですが、前に進めば進むほど敵が増えますし、敵からのプレッシャーも強くなります。

そうすると、前に進めば進むほどボールを失う確率が高くなります。

前に進む意識がありすぎるために何度もボールを失ったら、何度も守備をしなければいけなくなります。そうなると味方からの信頼も失ってしまいます。

なので、「前に進む」という意識を持ちすぎないことが必要になります。

(「前に進む」意識が無くなりすぎたら今度は別の弊害が起きるのですが、これはまた別の機会に話します。

「前に進む」という意識を持ちすぎないためにどうすればよいかというと、

【後ろにドリブルやパスでも良いという意識を持つ】

ことが必要です。


なのでボールを失わないためには、後ろにフリーの味方がいればその味方にパスしてもいいし、なんなら後ろにドリブルしても構わないということです。

そうすると初心者は、後ろにパスやドリブルをすると、ピンチになる可能性が高まるのではないか、とか、攻撃として有効な手では無いのではないか、ということを無意識化で思ってしまいます。

確かにそういうこともあります。しかし、ボールを取られないという目的を達成するために、一旦後ろの味方を使ったり、後ろのスペースを使うことで、その後の展開が凄く楽になることがあります。

それは、後ろの味方にパスをすると、受けた味方は前を向いてプレーすることが出来ます。すると、前の状況がよく見え、正しい選択を出来る可能性が高まります。

なので結論は、前でも後ろでもフリーの味方がいればパスを出すし、前でも後ろでもスペースがあればそちらにドリブルをするということです。そして、【ボールを失わない】という目的を実現します。

そのために「後ろでも良い」という意識を持つことが大事だと考えます。

3.ボールを失わないためにやるべき2つの技術


【ボールを失わないため】に【後ろでも良い】
という意識を持ったとしてどう実行するかですが、以下の2つの意識を持つことと考えます。

・後ろも含めてフリーの味方にパスを出す
・ドリブルで抜こうとしない

一つ目に、フリーの味方にパスを出すことを考えます。これは、自分にボールが来る前から、次どこにパスしようかを考えておきます。


また「後ろを含めて」という言葉が大事で、前の味方はマークに付かれていても、後ろの味方はフリーでいることが多いです。

二つ目に、ドリブルで抜こうとしないことです。これは、初心者においてドリブルで敵を抜くのは難しいです。

またフットサルはコートが狭いので、一人抜けたとしても二人目の敵が近くにいるのでそこで取られることも多いです。なので、ドリブルで抜けることは可能性が低いです。(もちろん、ドリブルが得意であれば行って構いません)

なので、ドリブルでは敵を抜こうとしない方が良いです。


4.まとめ

ということで、本日は【ボールを失わない】という意識が大事。そのためには【後ろでも良い】という意識を持つこと、ということをお伝えしました。

フットサル初心者が三ヶ月で上達するためのロードマップ【保存版】


コメントする

名前
 
  絵文字