フットサル初心者「ゲーム中にどこに動けばいいのか分からないです。。」こういった悩みに答えます。

目次
◼️味方があなたにパスを出せない2つの理由
◼️他の味方の場所を見てポジショニングする
◼️敵の場所を見てポジショニングする


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

上手くなりたくて色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が上手くなった時のポイントやコツをお伝えします。

◼️味方があなたにパスを出せない2つの理由


味方があなたにパスを出せない理由は2つあって、それは、

「他の味方とかぶっているから」
「敵とかぶっているから」

の2つです。

味方が同じ場所に二人いる場合、敵は一人で味方二人をマークすることが出来るので、効率が悪いです。

20180805スライド1

また、ボールホルダーと自分との間に敵がいるとパスカットをされてしまいますし、自分のマークに敵のマークがピッタリと付いている状況でもパスが出しにくいです。

20180805スライド2

ということで、フットサルのポジショニングで大事なのは、味方とも敵ともかぶらない場所に位置を取ることです。

それには、味方の場所も敵の場所のどちらも見る必要があります。

これをおこなうためには「首振り」という非常に重要な技術があるのですが、別記事にしましたのでご覧ください。

フットサルでの首振りの重要性と具体的な身に付け方【アオアシ7巻読め】

ここでは、味方と敵のどちらも見ることが出来たと仮定して、それではどうしたら良いかということを掘り下げます。

◼️他の味方の場所を見てポジショニングする


まず、味方の場所ですが、これが絶対的に正しいわけではありません。しかし、こうやると初心者チームではかなりマシになるのではないかということで、一つ基準を設けます。

それは、

【ボールホルダーの前、横、後ろに一人ずつポジショニングする】

ということです。

前や後ろ、といっても真っ直ぐ前や後ろ、という意味ではなくて、斜め前や斜め後ろ、といった感じです。

場合によっては、前に二人横に一人でも良いですし、本当はどういうバランスでも良いのですが、初心者がまず考えることは前後のバランスに気を付けたい、ということで分かりやすく前、横、後ろと表現してます。

20180805スライド3

これは感覚なのですが、人は横のバランスは意外と取れて、右に一人、左に一人というのは自然とバランスよくポジショニングしているのですが、前後のバランスは悪い時が多く、ボールホルダーの前に全員いるとか、ボールホルダーの後ろに全員いるなどの現象がしょっちゅう起きてます。

これの理由は、左右は比較的ポジションが定まっていることに対して、前後は意外とポジションが定まらないことが挙げられます。

フットサルにおいては、全員攻撃や全員守備が基本なので、前後の移動は必然的に多くなります。その移動をしているうちにボールにばかり注目してしまって、味方の場所まで見れてないことが多くなります。

なので、味方の場所で気にするべきは前後のバランスで、後は目安ですが、前、横、後ろに一人ずつポジショニングするのがとりあえず分かりやすいです。

◼️敵の場所を見てポジショニングする


味方との位置においてバランスを取ることが出来たら、次は敵の場所の把握です。しかしながら、これが初心者にはとてつもなく難しいです。

敵の場所なんて見えてないことが多いです。これはまあ、単純に脳のオーバーフローと言いますか、脳の処理能力が追い付いていないだけです。

フットサル初心者の動き方【味方の視野に入ること】

私もそうだったのですが、初心者は初心者なりに何を見るかの順番は分かっていて、まずボールホルダーの位置、次に味方の位置とかぶらないってとこまでは何となく動けますが、そこから敵の場所を見て動くまでは至らないです。

また、技術面でも自分の後ろを見なければいけなかったり広い視野を持ってないといけません。

広い視野を持つための大事な技術として首振りがありますので、こちらは以下の記事をご覧ください。

フットサルでの首振りの重要性と具体的な身に付け方【アオアシ7巻読め】

そして、この敵の場所を見る時に何を考えるかというと、以下の二つがあります。

・自分と敵との距離
・どこにスペースがあるか

「自分と敵との距離」は、自分に敵のマークが近いとパスがもらいにくいです。理由はパスカットを狙われてるし、トラップしたところを取られる可能性が高いからです。

なので、自分と敵との距離はなるべく離しておきたい。これを実行するのにオフザボールの動きが重要なのですが、これは以下の記事にしました。

オフザボールの時の動き方

次に「どこにスペースがあるか」ですが、これがまた難しいです。なぜかというと、敵もずっと移動をしますので、スペースってすぐに場所が変わってしまいます。

なので、オススメなのは敵を線で繋いで見ることです。

よく、最近のyoutubeのサッカー動画なんかで、DFの2ラインを線で繋いで解説する動画があるのですが、そんな感じで、敵同士を線で繋いでみます。

20180805スライド4

20180805スライド5

こういった敵同士を線で繋ぐという補助線を入れることによって、空いているスペースが見やすくなりますので、ぜひともお試しください。

◼️まとめ


この、味方に関しては【前、横、後ろに一人ずつ】位置取りすること、敵に関しては【敵の場所を見る】こと。これが出来れば、全然違ってくると思います。

難しいとは思いますが、私自身もこれが少し出来るようになってからは、随分とゲームの中のスペースが見えるようになりました。

といったことで、本日は締めたいと思います。