DSC_0427


【最終更新2019/2/7】【公開2018/8/13】

フットサルのスクールに行ってみたい人「フットサルを始めたいけど、最初はスクール(教室)に通ってみようかな。でも女性はいるのかな?年齢層は?レベルは?」こういった疑問に答えます。

<目次>
1.フットサルを始めるならまずはスクール(教室)から
2.スクール(教室)の選び方
3.体力が無いと感じてる場合のスクール(教室)の選び方
4.まとめ

(この記事は2分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

1.フットサルを始めるならまずはスクール(教室)から


フットサルを始める方法としては、例えば以下のような方法があります。

・会社や学校の団体に参加する
・友達や知りあいの団体に参加する
・個サル
・スクール(教室)

この中の始め方としては、友達や知りあいのフットサルに参加出来るのであれば、最初はそれが良いと思います。

それは単純に最初から知らない人達の中でプレーするのは緊張するからです。(そうでない人はいいですけど)

自分の身近にフットサルやる人がいればそれでいいのですが、そうでなければ始め方は以下の二つが主流になります。

・個サル(個人参加のゲーム形式フットサル)
・スクール(教室)

「個サル」と「スクール(教室)」は、どちらも一人でも参加出来て、フットサルを楽しむことが出来て、大体のフットサル施設ではどちらも開催しています。

では、何が違うのかというと大体以下のような分け方をされてます。

【個サル】→ずっとゲーム
【スクール(教室)】→練習とゲームがある

スクールの方がレベルが比較的低いことが多かったり、女性が多いし、年齢層も高めだと感じます。

まとめると以下のようになりますね。

【個サル】→ゲームだけ、レベル高め、女性少なめ、年齢層低め
・【スクール(教室)】→練習有り、レベル低め、女性多め、年齢層高め


これもあくまでこういう傾向があるということで、完全にこの通りでは無いです。

「スクール(教室)」でもレベルが高くてみんな上手いことはよくあるし、「個サル」でも年齢層が高いこともあり、実際に行ってみないと分かりません。

しかし、こういう傾向があるとしたら、最初に行きやすいのは「スクール(教室)」です。

「スクール(教室)」である程度慣れてから、「個サル」に行くことをオススメします。

2.スクール(教室)の探し方


スクールの探し方として、料金とか場所とか時間とか色々とあるのですが、私の場合はとりあえず自分の住んでる場所に近い場所をとりあえず探します。

「フットサル スクール ⚫️⚫️(地名を入力)」で検索して探します。

また、以下のサイトなどで探すことも出来ます。

「エンジョイフットサル」
https://www.enjoyfutsal.com/school/list.html

「LaBOLA」
https://labola.jp/reserve_m/events/school

3.体力が無いと感じてる場合のスクール(教室)の選び方


スクール(教室)に行こうかなと思った時に、自分の体力面が大丈夫だろうかという不安があります。

フットサルは結構走ってばかりなので、体力に不安があると付いていけなくなるのではないか、という心配をするかもしれないです。

これに関してはあくまで傾向ですが、以下のような場所を選ぶと良いでしょう。

・コートが狭そうな施設
・開催時間が短い(1時間とか、1.5時間とか)
・人数が多そう(15人以上)

まず、コートが狭そうな所で選ぶとあまり疲れないかもしれないです。

なぜならば、フットサルのコートは施設ごとに違っていて、広いところだとやはりその分動かなければいけません。

狭いコートだと移動距離が少なくて済むので体力を消耗しません。

次に、時間が短い方が当然ですが疲れません。

大体、開催時間が2時間か1時間半の所が多いので、体力に不安があるなら1時間半の方を選びましょう。

また、人数が多そうなスクール(教室)を選びます。

人数が少ないと、練習で自分の番が終わった後ですぐにまた回ってきますが、人数が多いと自分の番が終わった後で次に回ってくるまで時間があるので、体力的に余裕が持てます。

これは、予約するときにきちんと残り⚫️人という風に出ているところがいいです。

参加人数が多いところもあれば、1人とか2人とか、もの凄く少いということもありますので。

もちろん、どの「スクール(教室)」でもキツければ途中で休んでくださいね。

逆に体力に自信があるのであれば、時間が長い方やコートが広い方を選ぶと良いでしょう。
(でも人数は多い方がゲームの時には楽しいです。)

4.まとめ


今日は、フットサルを一人でも始めようと思っているのであれば、スクール(教室)を選んでみてはいかがでしょうか。

その際に体力面で不安があれば、コートが狭そうな施設、時間が短い、人数が多そうな場所を選ぶと良いでしょう、ということをお伝えしました。

そして、スクールに慣れてきたらもっと上手くなると個サルにも大会にも出られるようになると思います。

初めての大会で知っておくべき、大会に特化した6つのプレー
フットサル大会に挑戦して分かった、個サルとは違う6つのこと

まずは「スクール(教室)に」サクっと申し込みをしてしまいましょう。

と、言いつつ私も疲れるしな、、とか申し込みが面倒だな、、とか思って行かないこともありますけど。。

あと、知り合いの女性がいそうな時にしか行かないとか。。

では、本日はこの辺で締めたいと思います。

実際に行った体験談はこちら

国立代々木競技場のフットサルスクールに行ってきた【体験談】