「スクールに行ってみたいけど、どういうことするんだろー。」「行った人の体験談が聞きたい。」こういう声にお答えします。

目次
◼️予約
◼️受付
◼️ひたすらドリブル練習
◼️パス練習
◼️攻撃練習(シュート練習)
◼️まとめ



どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。


2018年8月某日

国立代々木競技場のフットサルスクールに行ってきたので、そのときの様子をレポートします。

ちなみにこの国立代々木競技場は「スクール」のことを「クリニック」と呼んでますが、同じことなので「スクール」で統一しますね。

施設:★★★★★
コート:★★★★★
料金:★★★

◼️予約


web予約と電話予約があります。

web予約は1週間前~2日前までです。その後は電話予約になりますが、いつのスクールに行くかと名前と電話番号でよいので簡単です。

しかし、web申し込みはサイトの場所と申し込み方法が非常に分かりにくいです。

以下のURLの下の方にある【インターネット予約】ボタンから、希望の日時を選択します。

そして、初めての人は会員登録をしてないので(私もずっとしてません)【ビジターはこちら】から個人情報を入力します。

「フットサル クリニック web申し込み」
https://www.jpnsport.go.jp/yoyogi/sisetu/tabid/226/Default.aspx


◼️受付


入口を入ると右斜め前にカウンターがありますので「⚫️時のスクールで予約した(名前)です」と受付の人に言います。そして料金(2100円/2h)を払います。

少しお高いのがネックですが、都内ドまん中、新宿の近くだからしょうがないって感じもします。

その後、同じフロアに更衣室があるのでそこで着替えて開始を待ちます。

ここのコートの更衣室は男性用は2つがあって広いのがいいですね。シャワー数も多いですし綺麗です。

ここはフットサルコートが4面あるのですが、一番手前の少し狭いコートでやるので、開始時間になったらコートに入ります。

◼️ひたすらドリブル練習


ここのスクールは「超初級」「初級」がありまして、今回は「超初級」に行ってきました。

平日の夜遅い時間だったのですが、まあまあ人数がいて、女性も少人数ですがいました。

私が言うのもなんですが、みなさん少しは蹴れるのですが、ここに来てフットサル始めましたという初心者の感じの方が多いです。

まず、ボールタッチの練習で1人1つすつボールを持って、ひたすらドリブルの練習をします。

最初は簡単なのからやって、段々難しくなっていきます。

・インサイドタッチ
・足裏タッチ
・アウトサイドタッチ
・スキップしながら
・足裏なめ&インサイド
・ボールまたいで足裏なめ
・足裏止め&アウトサイド
・ダブルタッチ
・シザーズ
・シザーズ&ダブルタッチ
・後ろシザーズ

などです。みんな出来てるわけではないので、出来なくても大丈夫です。

あと、超初級と言っておきながらキツいやんって思うかもですが、自由に休んでもいいし、初心者はボールタッチでボールに馴れることが第1なので、良いことだと思います。

◼️パス練習


その後、2人1組になって対面パスの練習をします。これも段々難しくなっていきます。

・近くでインサイド
・足裏なめてインサイド
・片足だけでトラップ&パス
・ちょっと浮かす
・離れてインサイド
・インステップ
・浮き球
・ダイレクト

◼️攻撃練習(シュート練習)


この部分は毎回変わるようですが、今回のテーマは3人目の動きとのことでした。

2人とピヴォ役が1人いて、2人のどちらかがピヴォにパスする→ピヴォは2人のうち、パスした人でない人にパスする→シュート

これが基本で、後は段々複雑になっていく感じです。

◼️ゲーム


正直、ゲームの時間は少ないです。25分くらいだったかも。。なので、ゲームを多くやりたい人には、このスクールは向いてないかもです。

1試合も短く、4分くらいじゃないかと。

ただ、都内にしてはコートが広い方だと思うので、ゲームのやりごたえはあります。

◼️まとめ


【このスクールに向いてる人】
・ゲームを多くやらなくてもいい人
・ボールタッチを多めにやりたい人
・本当に初心者

【このスクールに向いてない人】
・ゲームを多くやりたい人
・ボールタッチをあまりやりたくない人
・中級者以上

こんな国立代々木競技場のフットサルスクールですが、いかがでしょうか。

今日はこの辺で締めたいと思います。

フットサルスクール(教室)の選び方