【2018/11/27最終更新】【2018/8/27公開】

フットサル初心者「フットサルの簡単な戦術が知りたい」「フットサルの攻撃戦術でパラレラって聞いたことあるけど、あれって意味無いよね?」

という疑問に答えます。

<目次>
1.パラレラの意味
2.パラレラのやり方
3.パラレラのメリット
4.パラレラが成功する2つの条件
5.パラレラが出来ない場合
6.まとめ



どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

今日はパラレラについて説明しようかと思いますが、超初心者の方には難しいし、最初の方に覚えてもあんまり意味がないかもしれません。

とりあえず原則となるようなボールの受け方があるので、こちらの記事を読むことで、ボールを受ける基礎が分かるようになってます。

オフザボールの時の動き方

1.パラレラの意味


パラレラは呼び方としては「パラレラ」「パラレル」「パラ」などと呼んだりしますが、どれも同じ意味です。

パラレラの意味はポルトガル語で「平行」という意味です。

サイドラインと平行にボールと人が動くことから、こう呼ばれています。

2.パラレラのやり方


図で説明します。
 
スライド1
 
20180827基本
 
スライド3
 
スライド4
 
スライド5
 

3.パラレラのメリット


なぜ、パラレラが有効なのかですが、これは以下の理由によります。

「サイドは守備が手薄」

これが一番大きいです。

基本的にフットサルって真ん中をちゃんと守っておけば、簡単には点が入りにくいもので、守備の基本として、まず真ん中を守ります。

なので、守備が手薄になるサイドを攻めることがメリットになります。

4.パラレラが成功する2つの条件


パラレラが成功する条件が2つあります。

・アラがボール持ったとき、縦があいてること
・フィクソにディフェンスが付いてこないこと(付いてきたとしても、遅れていること)

この2つが成功する条件になります。

5.パラレラが出来なかった場合


じゃあ「縦を切られてる」とか「守備が付いてくる」といったらどうするかと言えば、状況によりますが、以下の対応を取ることが多いです。

・「アラの縦を切られている」→ワンツーorアラのカットインに移行

スライド6
 
スライド7
 
スライド8
 
・「フィクソに守備が付いてきた」→ジャグナウorカットインに移行 
 
スライド9
 
スライド10
 
スライド11
 
・「縦切られた上に守備が付いてきてカットインも出来ない」→逆アラにパスしてやり直す
 
スライド12
 
スライド13
 
ワンツー、ジャグナウ、カットインはまた別の機会に説明します。

パラレラがダメだったら別の方法に切り替える。そういうことです。

こういう風に1つがダメだったら別の方法に切り替える、というのはパラレラでなくても、あらゆる場面で同じことです。

この別の方法に切り替えるということが、フットサルはサッカーより狭いコートなので、素早い判断が必要となります。

そういった部分がサッカーより戦術的などと言われて、ある意味つまらない部分でもあり、馴れると非常にも面白い部分であったりします。

6.まとめ


パラレラはボールと人が、サイドラインと平行に動くこと。

成功する条件は2つで「アラの縦があいてること」「フィクソにディフェンスが付いてないこと」

ということで、今日は締めようと思います。