フットサル初心者「ボールを持ったときに何をしてよいか分からない。。」「ボールを持ったときに最初からパスしか考えてない人がいるけど、なんでだろー。」という悩みに答えます。

目次
1.【優先順位】を決めた方が良い理由
2.なぜこの判断なのか
3.【優先順位】を決めれば迷わない
4.《重要》これがボールを持ったときの【優先順位】
5.まとめ



どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

1.【優先順位】を決めた方が良い理由


フットサルを初めて間もない頃、パスやドリブルの練習はしたけど、ゲームで実際にボールを持ったときに何をどうすればよいか分からない、ということがあります。

フットサルという競技は色々と状況を見たりして、パスやドリブルの判断をしなければなりません。

その判断の【優先順位】を決めてしまうことで、少しでも判断をラクにすることができます。

これは、フットサルをある程度やってる方でも同じことです。

なので、ボールを持ったときの【優先順位】を決めます。

具体的には、

まず前にスペースがあるならドリブル
→前にドリブルできなければパス
→パスもできなければドリブルで動く
→これを繰り返す

ということを今日は解説します。

2.なぜこの判断なのか


なぜ、前にスペースがあるならドリブルで、前にスペースが無ければパスなのか。

これには2つの理由があります。

1つ目の理由は、初心者において1対1で相手を抜くという行為は非常に難しいです。

ドリブルというのは非常に難しく、相手がいなくてもボールを思ったところに持っていくというのは難しいです。

さらに相手を抜くとなるとフェイントや瞬発力が必要となり、難易度が高くなります。

なので、基本的にフリーの時しかドリブルはしないことにして、相手がディフェンスに来たらパスにします。

2つ目の理由は、自分の前にスペースがあるということは、自分の周りは数的優位の状態にある可能性が高いです。

なぜならば、自分にはマークが付いていないから。

自分の周りが数的優位にあるのであれば、自分の場所から進んだ方が安全なので、ドリブルで進んで相手を一人でもこちらにおびき寄せてからパスを考えます。

相手が来なければそのままシュートします。

3.【優先順位】を決めれば迷わない


私が初心者の頃は、パスが来たら最初からパスを出すことしか考えてませんでした。

ボールを持ったときにドリブルという選択肢は無く、パスの出しどころが無ければ全く動けませんでした。

なぜならば、どういった時にドリブルするか、どういった時にパスするかの判断基準が無かったからだと思います。

しかし、【優先順位】が決まれば迷うことなく判断ができます。

4.《重要》これがボールを持ったときの【優先順位】


ボールを持ったときの具体的な【優先順位】は以下のようなフローになります。

「ボールを止める」

「周りを見る」

「前にドリブル(ができなければ次へ)」

「右にパス(ができなければ次へ)」

「左にパス(ができなければ次へ)」

「横にドリブル」

「ドリブルした方にパス(ができなければ次へ)」

「逆を向いてパス(ができなければ次へ)」

「横にドリブル」からを繰り返し

ここに出てくる横にドリブルすることの具体的な方法は、フットサルでボールを持って困ったときの判断の一つ【横にドリブルしとけ理論】をご覧ください。

もちろん、判断基準がこれだけでよいかというと、そんなことは無いです。

例えば、フリー時の全てがドリブルでよいかというとそうではなくて、味方が良い場所にいればパスした方が良いかもしれません。

しかし、私もそうだったのですが初心者にはそこまで考えられないと思います。

なぜならば、初心者はボールを扱うことに精一杯になってしまい他のことは考えられず、また判断が増えれば増えるほど頭が追い付きません。

なのでボールを持ったとき、フリーならドリブルでフリーでなければパスすることを基本とします。

5.まとめ


上手そうに見える人もこれと同じようなことをやっています。

このような判断を素早く(無意識的に)おこなっているからフットサルができるように見える、そういうことだと思います。

ボールを持ったときの判断が的確だと、ボールをむやみに失うことがないので、フットサルをやっていて頼りにされるし、楽しいフットサルライフになると思います。

それでは、本日はここで締めたいと思います。