フットサル初心者「エイトとはどういう戦術のことを言っているのだろう。」「フットサルの基本的な動きかたや戦術が分からない」という悩みに答えます。

<目次>
1.「回避」の方法を考えるとエイトになった
 1-1.エイトとは
 1-2.回避とは
2.エイトの具体的なやり方
 2-1.エイトの動きかた
 2-2.エイトに詰まっているフットサルの技術
3.まとめ


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

1.「回避」の方法を考えるとエイトになった


以前の記事で、初心者チームがマンマークとハイプレスを同時に受けたら無理【解決不可】というのを書いたんですが、そのときは初心者チームでは、マンマークとハイプレスわ同時に受けたら回避不可と書きました。

その流れで、色々と「回避」の方法を考えていくと、パスした後動く、パスコース2つ作る、受ける側は横にセーフティライン作る、縦にも1人おいて深さを作る、パスコースが無ければ横ドリする、、、などを組み合わせていって、、結局これってエイトか!って思いました。

そんな感じで、エイトにはフットサルの技術の色んな要素が入っているのではないか、ということを感じたので、エイトを使ってフットサルの基本的な技術を解析していこうと思います。

1-1.エイトとは


エイトとは、フットサルの攻撃戦術や回避の方法の1つで人が8の字のように動くことからエイトと呼ばれています。

フォーメーションは基本的に3-1を使って、エイトをおこないながらピヴォ当てを狙います。

初心者チームは3-1を使った方が良い3つの理由

1-2.回避とは


ちなみに、私の解釈ですがフットサルの回避とは、

こちらのボール保持時に、自陣で相手チームが前からボールを取りに来ようというディフェンス(プレス)をしてきた際に、取られることなく前にボールを運ぶこと、です。

2.エイトの具体的なやり方


ここからはエイトの具体的なやり方を解説します。

2-1.エイトの動きかた


①3-1のフォーメーションで真ん中のフィクソがボールを持つ
スライド1

②左右どちらかのアラにパスを出す
スライド2

③パスを出したフィクソは、パスを出した側の前に走る
スライド3

④ボールを受けたアラは横にドリブルして真ん中まで来てフィクソのポジションをとる
スライド4

⑤アラが降りてきて、再び3-1のフォーメーション
スライド5

⑥フィクソから先程とは逆方向のアラにパスを出すして、③~⑤と同様の動き
スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

⑦②~⑥を繰り返す

2-2.エイトに詰まっているフットサルの技術


エイトをやろうとするだけで、フットサルに必要な色々な技術が必要になります。

具体的には以下のような技術です。

・パスを出したら動く
・ブロック
・カーテン
・パラレラ
・ピヴォ当て
・カットイン(横ドリ)
・(場合によっては)ワンツー
・(場合によっては)バックドア

3.まとめ


本日は回避の方法を考えたらエイトなったという話から、エイトの具体的なやり方、エイトをおこなうに当たって付随する技術を書きました。

次回から、それぞれのシチュエーションごとに、どのような選択肢があって、どのような判断をくだしているかを解説しようと思います。

では、本日はこれで締めようと思います。

次はエイトを使うならば、フォーメーションは3-1を使った方が良いということを、初心者チームは3-1を使った方が良い3つの理由で解説しています。