フットサル初心者「フットサルは色んなフォーメーションがあるけど、どれを使ったらいいのか分からない。」という悩みに答えます。

<目次>
1.フットサルのフォーメーションについて
 1-1.フォーメーションの種類
 1-2.フォーメーションはある意味無いようなもの
2.初心者チームは3-1を使った方が良い3つの理由
 2-1.【理由1】バランスが良い
 2-2.【理由2】エイトを覚えることでフットサルの基本が理解出来る
 2-3.【理由3】ピヴォがいることで前へ進む目的がハッキリする
3.まとめ



どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

1.フットサルのフォーメーションについて


フットサルには、いくつかフォーメーションの種類があります。

1-1.フォーメーションの種類


フットサルの主なフォーメーションについて紹介します。数字は後ろからの人数を表しています。

◼️1-2-1
通称ダイヤモンド。各自の役割がハッキリしてる。攻守のバランスに優れる。
スライド1

◼️2-2
通称ボックス。各自の役割がハッキリしてる。攻守のバランスに優れる。
スライド2

◼️3-1
エイトはこの形から。後ろの3人でビルドアップ。攻撃はピヴォ当てを目指す。
スライド3

◼️4-0
クワトロはこの形から。4人全員でビルドアップ。
スライド4

1-2.フォーメーションはあって無いようなもの


フットサルのフォーメーションはあって無いようなものです。その理由は、フットサルは全員攻撃、全員守備を基本としているので、最初のフォーメーションはあるものの、ある程度は流動的に動くものだからです。

なので、一応ポジションはあるもののゲームが始まると崩れることが多いのですが、崩れた後はまた元のフォーメーションに戻る、というイメージで動いてます。

2.初心者チームは3-1を使った方が良い3つの理由


さて、色んなフォーメーションがあるのですが、初心者チームは3-1のフォーメーションを使った方が良いと私は思うのです。

次からその理由を解説します。

2-1.【理由1】バランスが良い


1つ目の理由は、3-1フォーメーションのバランスの良さです。

初心者チームの悪い所として、フットサルはどうしても初心者チームだと前に行きがちになります。ゲーム中の攻撃では行き当たりばったりの前へドリブルやパスが多くて、自然とチーム全体が前がかりになってしまいます。

3-1フォーメーションの攻めの特徴としては、ピヴォが1人でゴール前で待ち構えて、後ろの3人でボールを回して、ピヴォにパスをする形が基本です。

なので、フォーメーションを3-1として後ろに人を多めにおくことで、前後のバランスが自動的に取れると思います。

2-2.【理由2】エイトを覚えることでフットサルの基本が理解出来る


2つ目の理由は、3-1のフォーメーションから後ろで3人で回避をしつつピヴォ当てを狙う「エイト」という戦術を覚えることによって、フットサルの基本が理解出来るからです。

初心者チームの悪い所として、ボールを後ろで回していると、ハイプレスの相手になすすべなく取られてしまうこと多いのです。色んな解決方法はあるのですが、初心者チームだと個人技で回避出来ることは難しいと思います。

なので、エイトという戦術を使うのですが、これはパス&ゴーの繰り返しというか動きかたで回避するので、特別な個人技や身体能力が無くても出来る戦術です。

なので、これを初心者が使うことによって、フットサルに必要な色々な技術や戦術を身に付けることが出来ると思います。

エイトについては、エイトで考えるフットサルの技術・戦術で説明します。

2-3.【理由3】ピヴォがいることで前へ進む目的がハッキリする


3つ目の理由は、ピヴォにパスをすることというハッキリとした目的があるからです。

初心者チームの悪い所として、まあ、これはうちのチームがそうだったんですけど、クワトロっていう4人で後で回しながら前に進む好機をうかがうという戦術を使っていたのですが、その時はいつ前に進むのかが分からず、全く前に進まなかったりしました。

しかし、3-1だと「ピヴォにパスを出せる状況ならば出す」というハッキリとした目的があるので、初心者には迷わなくて、攻撃のスイッチを自動的に入れることができます。

3.まとめ


ということで、本日は3-1のフォーメーションの説明と、初心者チームが3-1のフォーメーションを使った方が良い理由を説明しました。

それでは、本日はここで締めたいと思います。