フットサル初心者「ボールを持ったときに考えることが多くて、結局何をやったらいいのか分からなない。」という悩みに答えます。

<目次>
1.ボールを持った時の優先順位【4工程】
 1-1.前にドリブル
 1-2.前にパス
 1-3.横にパス
 1-4.横にドリブル
2.ボールを持った時をもっと楽にするコツ
 2-1.首を振ること
 2-2.思考スピードを早める
3.まとめ


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

1.ボールを持った時の優先順位【4工程】


ボールを持ったときの優先順位をもっとシンプルに考えたい。と、ずっと思っててバージョンアップしていってるのですが、まあこれでよいのではないかということを思ったので、本日はお伝えします。

ボールを持った時の優先順位は以下の通りです。

前にドリブル

前にパス

横にパス

横にドリブル


こちらを1つずつ解説していきます。

1-1.前にドリブル


相手が前にいなければ前にドリブルします。そして前に相手が来たらパスを考えます。

どれくらい来たらパスを考えるかというと、大体2歩分圏内に入ったらパスを考えます。なぜならば、相手との距離が2歩分くらいが一番危険だからです。

スライド1


なぜ2歩分くらいが危険になるのかは、初心者がドリブルを修得するための10の手順の記事をご覧ください。

1-2.前にパス


前に相手が来たら次はパスを考えますが、まずは前方向へのパスを考えます。その方がチャンスになるからです。

パスコースがあって、味方もきつくマークされてなければ、前方向へパスします。

スライド2


1-3.横にパス


前方向へパスが出来なければ、横方向へのパスをおこないます。

これは、ボールを動かして自分も動いた方が、相手のディフェンスを惑わせることが出来るからです。パスコースがあって、きつく味方もマークされてなければパスします。

スライド3


1-4.横にドリブル


横へもパス出来なければ、パスが全く出来ないので最終的には横にドリブルします。

スライド4


そのあとは、また最初に戻って、「前へドリブルする」からを繰り返します。

2.ボールを持った時をもっと楽にするコツ


先程のボールを持った時をもっと楽にするコツを解説します。

2-1.首を振ること


最初の「1-1.前にドリブル」と「1-2.前にパス」をやるのは、ボールをトラップした瞬間には出来るようにしていたいです。

それをボールが来た瞬間に出来るようにするためには、ボールが来る前から前方にスペースがあるか、フリーの味方がいるかを確認してなければいけません。

そのためには、ボールが来る前に首を振って周りを確認するという技術が大事です。

首を振ることの重要性ややり方については、フットサルでの首振りの重要性と具体的な身に付け方【アオアシ7巻読め】にて解説してます。

2-2.思考スピードを早める


さきほど解説したボールを持ったときの以下の4工程ですが、

前にドリブル

前にパス

横にパス

横にドリブル


正直、ゲーム中にはこれも考えるには長すぎます。そんなに悠長に考えてる暇はありません。

なので、ボールを持ったら「前がダメなら横」と同時に判断するくらいの思考のスピードが求められます。

なので、最初のうちは一回一回どうしようかと考えるでしょうが、慣れてきたら思考のスピードアップに挑戦してみてください。恐らく、それが出来てくると違う世界が見えてくると思います。

3.まとめ


本日はボールを持った時の優先順位をまとめました。優先順位は以下の通りです。

前にドリブル

前にパス

横にパス

横にドリブル


それでは、本日はこれで締めたいと思います。