フットサル初心者の「スクールでの対面パスの練習ってつまらない。。本当にこんな練習でフットサルは上達しているのだろうか。。」という悩みに答えます。

<目次>
1.対面パスは飽きる
2.具体的にゲーム中に起こることをイメージした練習にする
3.具体的な練習法
4.まとめ

(この記事は2分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

本日は、

対面パスの練習で、ボールが来る前に隣の人を一度確認して、隣の人がボールを持ってなければダイレクトパスをする(実際にはしないけど)、などのイメージを持って練習する。

ということを説明します。

1.対面パスは飽きる


初心者向けのスクールやクリニックで、単純な対面パスの練習をやるところって結構あると思うんです。

この対面パスって、ある程度慣れてくるとつまらないんです。

ただ正面から来るパスをトラップして正面の相手に返すだけなので。

キックやトラップの型を覚えられるというメリットはもちろんあります。

ただの対面パスにしても、きちんとミートポイントを意識して、パスやトラップをおこなうことは非常に大事なことです。

しかしながら、逆に初心者はスクールでミートポイントなどそこまで意識しないと思いますし、同じことをやっていると飽きてしまうと思います。

私がそうでした。

なので自分で工夫して、違うことをした方が上達するのではないかと思ったわけです。

2.具体的にゲーム中に起こることをイメージした練習にする


では対面パスで違うことをするとは、どういうことをした方が良いのか。

私はゲーム中に起こることをイメージした練習が良いのではないかと考えます。

具体的には、

対面パスの練習で、ボールが来る前に隣の人を一度確認して、隣の人がボールを持ってなければダイレクトパスをする(実際にはしないけど)、などのイメージを持って練習する。

ということをやります。

実際のゲーム中だとダイレクトのパスを別の味方に出したい時がよくあります。

以下のような配置で青が味方として上方向に攻めているとすれば、青②は青③にダイレクトパスを出したいです。

スライド1


スライド2


なので、そのためには、別の味方(この場合青③)がフリーかどうかを確認する必要があります。

そしてその確認は、フットサルでは状況が刻一刻と変わるので、ボールが動いている間に確認する必要があります。

対面パスについても、このような実際のゲーム中に起こることを想定した練習が出来ないか、ということです。

なので例えば、ボールがこちらに動いている間に、隣の人がボールを持ってなければフリー(ダイレクトパスを出しても良い)、ボールを持っていればフリーではない(ダイレクトパスを出してはいけない)など、自分の中でルールを決めます。

これを対面パスの練習中にイメージしてやります。

3.具体的な練習法


実際にどのようにやるかを説明します。

普通の対面パスはこのような感じです。

スライド3


自分が青①としたら、ボールが来る前に、青③がボールを持っているか持っていないかを、ボールが来るまでの間に一度確認します。

スライド4


スライド5


そして、青③がボールを持ってなかったらダイレクトパスをする、という風に、自分でイメージをします。

実際にはパスを出さないでトラップします。

スライド6


このような感じで、パスが来るたびに青③がボールを持っているかどうか、持っていなければダイレクトパスを出すイメージを常に持ちながら対面パスの練習をします。

慣れて来たら、青③を見ていたところを青④⑤⑥を見るように変えたりします。

4.まとめ


ということで本日は、ただの対面パスでもひと工夫加えるとより上達すると思う、ということを説明しました。

具体的には、

対面パスの練習で、ボールが来る前に隣の人を一度確認して、隣の人がボールを持ってなければダイレクトパスをする(実際にはしないけど)、などのイメージを持って練習する。

ということを説明しました。

本日はこの辺で締めたいと思います。


≪関連記事≫
フットサルスクール(教室)の選び方
フットサル初心者にオススメな本5冊【実行することの大事さ】
フットサルでの首振りの重要性と具体的な身に付け方【アオアシ7巻読め】