DSC_0619


Fリーグを観戦しに行ってる人の感想が聞きたいフットサル初心者「Fリーグってどんな感じ?行ってみたいんだけど。ていうか、今どんな感じ?」というあなたに答えます。

<目次>
1.32節と33節最終セントラル開催
2.フウガドールすみだ対エスポラーダ北海道
3.名古屋オーシャンズ対湘南ベルマーレ
4.ペスカドーラ町田対シュライカー大阪
5.まとめ

(この記事は4分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早4年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

本日は、

フットサル初心者がFリーグを見に行ってる感想

をお伝えしようと思います。

リアルタイム更新していきます。

今日はどっちかっていうと日記的で自由な感じでやります。

あと、私フットサルやるのは好きなんですけど、そんなにFリーグを見てないです。

選手などもそんなに詳しくないですので、何となく見た感じで書きます。

こういうのはだんだん詳しくなるんでしょう。

以前にFリーグ観戦について書いた記事がありますので、こちらもよろしければご覧ください。

【シーズンは2月まで!】初めてフットサルを観戦するにあたってのまとめ【日程・リーグ概要・ルール等】
フットサル初心者はFリーグを観に行くことで何を学べばよいか

1.32節と33節最終セントラル開催


本日、2/9(土)~2/11(日)第30節と31節が、この3日間セントラル開催で行われます。

リーグ戦の上位3チームが決勝プレーオフに進み、優勝が決まるシステムです。

現在の順位は以下の通りです。

数字は勝ち点、試合数、勝、分、負、得点、失点、得失点差

1 名古屋オーシャンズ 名古屋 83 31 26 5 0 162 60 102
2 シュライカー大阪 大阪 65 31 20 5 6 133 75 58
3 立川・府中アスレティックFC 立川・府中 61 31 19 4 8 95 84 11
4 湘南ベルマーレ 湘南 53 31 16 5 10 96 78 18
5 ペスカドーラ町田 町田 53 31 15 8 8 89 76 13
6 バサジィ大分 大分 46 31 13 7 11 106 93 13
7 フウガドールすみだ すみだ 41 31 13 2 16 74 82 -8
8 ヴォスクオーレ仙台 仙台 34 31 9 7 15 76 100 -24
9 Fリーグ選抜 F選抜 33 31 9 6 16 73 101 -28
10 バルドラール浦安 浦安 27 31 6 9 16 72 89 -17
11 エスポラーダ北海道 北海道 18 31 5 3 23 64 133 -69
12 アグレミーナ浜松 浜松 12 31 3 3 25 48 117 -69
上記


優勝は「名古屋オーシャンズ」で決まってます。

なんと無敗だそうです。
そんなことあるんだ。

なので、「名古屋オーシャンズ」「シュライカー大阪」「立川・府中アスレティックス」はプレーオフ進出が決まってますね。

では、現場からお伝えしようと思います。

と、言いながら、朝っぱらからスクールに行くのでら、ちょっと遅れて行くんですけどね。。

2.フウガドールすみだ対エスポラーダ北海道


やっとついた。。
結構、人がいますね。やはりセントラル開催だからでしょうか。

今日は、攻撃時のポジショナルな面を見ようと思います。

すみだが先制したけど、北海道何となく引きすぎな感じ?

ただ、すみだのピヴォにはよくボールが入る。
北海道がピヴォ置かないスタイルでヘドンド気味なのは分かるんだけど、ピヴォ気味の選手にボールが入らないですね。

とりあえず、すみだがどっからピヴォに入れるかの確認。

何となくフィクソ脇に入れてるだけのような気もするけど、よく入れられるなと。
タイミングのズレで入れられるのだろうか。。
ピヴォの力があるからキープ出来るのもあるだろうけど。

と、思ってたら北海道が2点取って逆転しました。

すみだ1-2北海道で前半終了。

うーん、結局なんか戦術面はよく分かりません。。

ということで、後半はすみだの3人の回しと北海道の組み立てを見ることに。

なんだろう、組み立ても見れない。

パス出した人がどのように動いているかを見た方が勉強になりそう。
一つ一つの動き直しが速い。
今日見るのこれだな。

・ピヴォ当て→落としもらい→離れる
・横パスワンツーもらい
・横パス→抜け→逆ピヴォ→そのまま落ち(結果ヘドンド)
・サイドから中央へ横パス→ワンツーもらい→ワンツーもらい

やっぱカットインしたタイミングで、逆からピヴォが真ん中に受けに入りたい。

サイドにいたら、同サイドのピヴォは同サイドの角にいてピン止めした方がいいのか。

入場者数は1002人って、そうでもないのかな。

そして、すみだが2点取って逆転して終わりました。

最後何となく北海道を応援してしまいました。

同じライブドアブログをやってるからでしょうか、何となく親近感はあるわけですよ。
ブログでこっちが一方的に(勝手に)ライバルだと思っるだけなんですけどね。

3.名古屋オーシャンズ対湘南ベルマーレ


あかん、ブログやりながらで名古屋の一点目見逃した。。

良かった、二点目は見れた。
八木選手カットインからのシュート。

名古屋11番ルイジーニョ選手の余裕は何。
パスで、ここがダメならここに出せばいいじゃない、簡単でしょ、みたいにやる。

8番ペピータ選手も上手すぎてこれは恐らく参考にならない類いの上手さ。

名古屋3-0湘南

名古屋が強すぎて意味が分からない。

名古屋4-1湘南

湘南ようやく一点返す。

大体どのチームもエイトを基本とする。
そのうち、裏抜けとか、ケブラ、ジャグナウのやり方も分かる。サイも分かるしカーテンもブロックも分かるんだけど、ワンツーというか短い位置にいる時が分からない。

ごめんなさい、今日は用語の解説もしません。

結局、バランスを崩すってことは分かる。
フットサルは数的同数で、どちらかに3人、逆サイドに一対一を作る。

これは質的優位を一対一の部分で作っているのか。

それの確証を得られない。

あと、ウチのチームの参考にならない理由は、一人一人のキープ力とパスのレンジが違いすぎるから。
あと、ピヴォからの落としが我々だともらえない。
逆にこういうことに気づけたから良かったのかもしれない。

湘南の二点目、ファー詰めというよりは、キーパーの前でコース変えるくらいの感じ。
なぜならば、完全なファー詰めはキーパーの切られていたから。
これは結構大事かもしれない。

ゴール際のサイドのディフェンスだったら横を切った方がいいのかもしれない。
というか、基本的に横を切って、カットインと中へのパスを通さない方がよさそうだ。
縦にいかせる分には構わないし、ニアへのシュートは空けててよい感じ。

後ろの子供たちが、湘南の10番ロドリゴを見たがってますよ(笑)
確かに滅茶苦茶上手いよね。

名古屋5-2湘南

やっぱ、Fリーグって上手すぎて、参考にするにはどこを見ればいいのか分からんね。

というか、理解が追い付いてないっていう話。

4.ペスカドーラ町田対シュライカー大阪


もはや、敬語でもないっていうね。
後で書き直すかもです。
いや、書き直さないかも。
これがリアルタイム更新の臨場感ってことで(笑)

さて、本日の最終戦です。

なんか、全体の戦術を追うと分からなくなるから、誰か一人の動きを追っていった方が分かりやすそうだ。

この中だと町田の背番号8滝田選手と、大阪の背番号8加藤選手に注目か。
どっちも8番って覚えやすいね。

やっぱ町田サポは多いな。
さっきの湘南サポも多かったけど。

そしてなんだ、この町田側の応援で子供たちと来ているお母さん達のブルジョアっぽい感じは。
ブルジョアって何。

シュライカーのファール数、前半11分ですでに5って多くない?私あまり見たことない。

そうだ、あと右サイドで右利きが持った時にどうするかを見た方がいい。

・右足なめでカットイン
・後ろに戻りながら右アウトパス
・結構左足で持つ意識もある
・右足で横ドリして左足でパス

前半終了

町田2-0大阪

ドリブルするときが本当に細かい。足踏みが。
だから、少しずつ進むのでいいのかもしれない。
全然急がなくていいんだな。
ほんとゆっくり。
そして、ボールにはあんまり触ってない。

ドリブルってどうしても、サッカー的なドリブルをやってしまいがちだから上手くいかないんだ。

町田の19番攻撃時のポジショニングが良い気がする。
町田のチーム自体の回しがいいのかな。

でも最近、果たして自分が単純にフリーになることが良いことなのか分からなくなってきた。

大阪がパワープレーで2点も取り返した。
パワープレー上手いんだけど、アルトゥールが上手すぎる。
パスの出し先が凄くて、一個飛ばすパスが上手いんだ。

町田2-2大阪

5.まとめ


今日見ようと思ったのは、攻撃面でのポジショナルにしようかと思ってたけど、そんなのは見れませんでした。

学んだのは、ドリブルの時に全然急がなくていいってことです。

時間はほんと、アッという間に過ぎます。
3試合も見ましたが、時間が過ぎるのが早かったです。

結局自分は、自分のプレーに参考になるようなところを探すんだなってことも分かりました。

今後もそういうスタンスで見に行くと思います。

なんだか、慌ただしいのにお付き合いいただきありがとうございました。

たまには、こんなのもいいでしょう。

それでは本日はこの辺で締めたいと思います。

Fリーグを観に行くならば、【チケットぴあ】にてチケット購入可能です。

チケットぴあ

《関連記事》
【シーズンは2月まで!】初めてフットサルを観戦するにあたってのまとめ【日程・リーグ概要・ルール等】
フットサル初心者はFリーグを観に行くことで何を学べばよいか