スライド1


フットサル初心者の「パスを受ける位置がやっぱり分からない。」という悩みに答えたいと思います。


<目次>
1.パスをもらうには色々な方法がある
2.ボールホルダーと敵の距離でもらう位置を変える
3.まとめ

(この記事は1分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

本日は、

パスの受け方【ボールホルダーと敵の距離】

について、お伝えします。

1.パスをもらうには色々な方法がある


パスの受け方でどこが一番良いかというと、ほんとに色々な考え方があると思います。

敵と敵との間なのか、ボールホルダーから離れるのか、近づくのか、前にいた方が良いのか、後ろにいた方が良いのか。

または、自分がフリーにならなければいけないのか、味方がフリーだったら自分にマークが付いていてもいいのか。

こんな風に色々と悩みます。

そして、色々と試してみます。

今日はそんな内の一つで上手くいった方法をお伝えします。

それは「ボールホルダーと敵の距離」でポジションを変えることを考えることです。

2.ボールホルダーと敵の距離でもらう位置を変える


本日お伝えしたいことは、ボールホルダーとそのマークの敵の距離によって自分のポジショニングを決めるということです。

具体的には、以下を基本とします。

・ボールホルダーと敵が近い→横
・ボールホルダーと敵が遠い→斜め前

図で解説します。

青③がボールホルダーとして、このように敵が近い場合、

スライド1


このように青①は、ボールホルダーの横にパスをもらいにいきます。

スライド2


なぜならば、ボールホルダーは敵が寄ってくればくるほど、視野が狭くなり、味方を見つけることが難しくなります。

なので、なるべく近寄って、横または斜め後ろにポジショニングする方がよいです。

また、横にいる利点としては、以下の図のようにワンツーがしやすいということです。

スライド3



また、今度は青③がボールホルダーとして、このように敵が遠い場合ですが、

スライド4


青①は斜め前にボールをもらうような位置にポジショニングします。

スライド5


これは敵が遠いとボールホルダーは視野が広くなるので、前の方へのパスを出せる可能性が高いからです。

スライド6


3.まとめ


本日は、

パスの受け方【ボールホルダーと敵の距離】

について、お伝えしました。

それでは本日はこの辺で締めたいと思います。


《オススメ記事》
フットサル初心者にオススメな本5冊【実行することの大事さ】
フットサルのドリブル上達のための動画5選+練習方法【無料】