DSC_0982

(アオアシ:小林有吾)


フットサル初心者の「アオアシってサッカー漫画だけど、読むことでフットサルにも役立つの?」という疑問に答えます。

<目次>
1.攻撃時はトライアングルを作るという基本
2.トライアングルを図解する
3.まとめ

(この記事は3分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

漫画のアオアシを貸すことになったので、サッカー漫画だけどフットサルでも参考になったよという部分がいくつかあるので、それを紹介します。

役に立った項目は以下の3つです。

首振り(記事にしました)
・トライアングル(今回)
・トラップとパス(次回記事にします)

本日は、

基本的なパスの受け方(ポジション)【トライアングル】

について、お伝えします。

1.攻撃時はトライアングルを作るという基本


攻撃の時にトライアングルを作るって話は、サッカーやってた人にはわりと常識だと思います。

最初に私が聞いたのは、元日本代表監督のハンスオフトで、「ボール保持者の周りでトライアングル(三角形のパスコース)を作りながらパスを回す」と言ったことでした。

オフト元監督も、サッカーやってたらあの頃の日本人でも知っていたけれど、あえて基本中の基本のことを言ったみたいです。

私はサッカー部ではなかったので分からないのですが、学生のサッカー部では普通に教えられるんでしょうか。

そんなトライアングルですが、アオアシでは5巻で同じチームの黒田、浅利が何かしようとしてたのを感じ取れなかった主人公の青井葦人。

その6巻で何かしようとしてたのか分かったのですが、それがトライアングルでした。

そこで、アオアシではトライアングルの説明として、以下のような記述がありました。

「一人でも二人でもない。三人。サッカーは、「3人」で、ボールを運んでいくスポーツなんだ・・・」

「サッカーの基本はトライアングル。少なくとも3人なんだ。」

「身近にいる選手二人とで、トライアングルを形成!!この三角形をどう相手陣に滑り込ませていくか!」

「誘い出される敵―そこに、必ずスペース・・・敵陣に細かなズレ(ギャップ)ができる。」

「トライアングルの一角がそこに入り込む!!そいつにプレッシャーをかけるため・・・空いたスペースを埋めるため・・・別の敵がカバーに向かう。細かなズレ(ギャップ)は積み重なってどんどん大きくなっていく!」


こういったことが書いてありますが、実際にどういうことかいまいちよく分からないので図解をしてみます。

2.トライアングルを図解する


このトライアングルが実際にどういうものかを図解します。

ただトライアングルを作れってだけならば、適当にポジショニングしてても、三角形は自然と出来てしまうものではあります。

このように普通にダイヤモンドでいれば、トライアングルはいくつも出来ます。

スライド1


ただ、ここで言うトライアングルとは、

【適切な距離感で(ボールホルダーの前目に)パスラインを2つ作ること】

と解釈しました。

例えば、このように青①が持ってる場面で、②と③がトライアングルを作ります。

スライド2


青①が青②にパスを出します。

スライド3


青①と青③はトライアングルを前目に作るため移動します。

スライド4


青①、青②、青③でトライアングルが出来ます。

スライド5


青②から青①にパスします。

スライド6


青②と青③がトライアングルを前目に作るため移動します。

スライド7


青①、青②、青③でトライアングルが出来ます。

スライド8


このように連続でトライアングルを作りながら進むイメージです。

とはいえ、

敵の状況や場所によってトライアングルの形や大きさや角度や作る人は変わってくる

ということです。

どの時にどういうトライアングルを作ればいいか、というのは別の複数の要素が絡むので一概には言えません。

とりあえず、サッカーやフットサルでは、トライアングルという基本的な動きがあるということを知っておけばよいと思います。


また、このような三人目の動きということでもトライアングルは使われます。

青①から青③にパスを出します。

スライド9


この時三人目の動きとして、青②がトライアングルを前目に作るための動きをします。

スライド10


青①、青②、青③でトライアングルが出来ており、青③は青②にパスを出します。

スライド11


このような青②の動きをオフザボールの動きといい、非常に大事な動きです。

この動き方については、「サッカー オフ・ザ・ボール」という本にいくつかパターンが載ってるのでオススメです。

3.まとめ


本日は、

基本的なパスの受け方(ポジション)【トライアングル(アオアシ6巻読め)】

について、お伝えしました。

本日はこの辺で締めたいと思います。











 

《おすすめの記事》
フットサル初心者がパスを読まれないための重要な2つのこと【ノールックとキャンセル】
フットサルでの首振りの重要性と具体的な身に付け方【アオアシ7巻読め】