DSC_0977


フットサル初心者「いまだにパスやドリブルが読まれるけど何が悪いんだろう。」という悩みに答えたいと思います。

<目次>
1.本気で逆の事をやろうとすること
2.まとめ

(この記事は1分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

本日は、

フェイントは、本気で逆の事をやろうとするからディフェンスが引っ掛かる

ということについてお伝えします。

1.本気で逆の事をやろうとすること


やはり、最近でもよくパスが読まれたり、ドリブルが読まれたりします。

以前にはパスを読まれないためにはキャンセルやノールックをやることと書いたりしました。

フットサル初心者がパスを読まれないための重要な2つのこと【ノールックとキャンセル】

また、2対1の練習で上手くいかないのは、相手にドリブルかパスが読まれるからだと書きました。

2対1の練習で攻撃側が上手かないのには理由がある

また、フットサルは騙しのスポーツだとかなり昔に書いたのです。

しかしながら、たぶん書いただけで実践が出来てなかったのでしょう。

実践するにはどうしたらよいか。

それは、目線、上半身の向き、肩の下げ、腰の向き、骨盤の向き、股関節の広げ方、膝の向き、足首だけ反す、など、様々な要素で、フェイントをかけるということです。

例えば、左に行こうとして右に行くフェイントならば、本当に左に行こうとするように見せかけなければならない。

そのためには、左肩が下がるとか、左膝が左に向いている、などの要素を経てディフェンスは「あっ、こいつは左に行こうとしてるんだな。」と思います。

なので、相手ディフェンスがフェイントに引っ掛からないのは、こういう本気で逆の事をやろうとするという「本気で」の感じが足りないのだと思います。

2.まとめ


本日は、

フェイントは、本気で逆の事をやろうとするからディフェンスが引っ掛かる

ということについてお伝えしました。

本日はこの辺で締めたいと思います。

フットサルでの首振りの重要性と具体的な身に付け方【アオアシ7巻読め】
フットサルの基本的なボールの受け方【トライアングル(アオアシ6巻読め)】