DSC_0863


フットサル初心者「足裏トラップだけではトラップ出来ない時があるよ。どうすればよい?」という疑問に答えたいと思います。

<目次>
1.足裏トラップ以外が必要な理由
2.足裏トラップ以外を練習する
3.まとめ

(この記事は2分で読めます)

どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

本日は、

初心者こそ足裏トラップ以外が必要

ということについてお伝えします。

1.足裏トラップ以外が必要な理由


フットサルを始めると、まず【足裏トラップ】を覚えましょう、と言われると思います。

フットサルはコートが狭いので、足裏でトラップすると確実に止めることが出来て、敵からボールを取られにくいです。

さらに、足裏でキープしていると【後ろに下がる】という行為が出来るので、フットサル足裏トラップした方が良いです。

Fリーグや上手い人のプレーを見ると、足裏トラップが多いです。

しかしながら、初心者のフットサルでは、これが中々出来ないです。

なぜならば、以下の2つの原因が大きいです。

・初心者のパスは浮く
・初心者のパスはズレる

まず一つ目に、初心者のパスは浮きます。

これは蹴りかたや焦りからの力みがあります。

また、グラウンダーだとカットされるから浮き玉を出すという理由の人もいました。

また、サッカー経験者でフットサル未経験者だとロングボールや浮いたパスを出しがちです。

浮き玉の場合、足裏トラップは難しいです。

何故ならばボールの勢いを無くすのに、足裏だけでは限界があります。

また、足より上に来たボールを足裏トラップすることは身体の構造上、無理です。

また、我々がやるコートの地面がそれほど良くはないので、ボコボコしてたりして勝手にバウンドしてしまうってこともあるのですが。

二つ目に初心者のパスはズレます。

グラウンダーだとしてもパスが横にズレることが多々あります。

その場合、身体ごと移動して足裏トラップすることが前提ですが、パスを受ける側もそれほど反応がよいとは限らないので、身体の移動が出来ないことが多いです。

そんな時に足を横に伸ばした状態で足裏トラップすると、足首を捻ったり怪我の原因になります。

また、そんな状態のパスを足裏トラップしようとしても届かなかったり、トラップしてもその後の体勢が整わなかったりします。

2.足裏トラップ以外を練習する


なので、この2つの理由から足裏トラップだけではままならない場合が多いので、足裏以外のトラップを練習します。

一般的には、インサイド、アウトサイド、インステップ、もも、胸、などがありますので、これは、練習中から色々な部位を使ってトラップをすればよいと思います。

あとはリフティングをすることで、浮き玉のトラップが上手くなります。

リフティングで、どこにどのような当て方をすると、こんなボールの反応になるということを確認します。

3.まとめ


本日は、

初心者こそ足裏トラップ以外が必要

ということについてお伝えしました。

それでは本日はこの辺で締めたいと思います。


《オススメの記事》
フットサルの基本的な技術【トラップとパス(アオアシ4巻読め)】
フットサル初心者がFリーグ観戦時、観るべきポイント2つ【足裏トラップとインサイドキック】