DSC_0837


フットサル初心者「トラップが出来てないって言われるけど、自分としては言われた通り足裏でやってる。でも出来ないっていうのは何なんだー。」こういった疑問に答えます。

<目次>
1.上手いトラップとは「脱力感」である
2.まとめ

(この記事は1分で読めます)

どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

上手くなりたくて色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が上手くなった時のポイントやコツをお伝えします。

本日は、

上手いトラップとは「脱力感」である

です。

1.上手いトラップとは「脱力感」である


ちょっと知り合いの初心者女性を見ていると、やはりトラップが上手くいかないみたいなんです。

トラップでボールを弾いてしまうんですよね。

これは何でかと考えた場合、トラップというよりは

力が入っているように見えてしまう事のほうが問題なのではないか、と思うようになりました。

トラップ時にボールを弾いてしまってるのは、身体が固いからそうなってしまうのか、弾いてしまうから固そうに見えるのか。

どちらにせよ身体が固そうに、そして力が入っているように見えます。

そうすると、逆に考えるとトラップが上手く見えるのは「力が抜けている状態」で

脱力感

なんです。

具体的にどのようなトラップが力が抜けている状態なのか。

結局私が思ったのは、足裏トラップ以外をやった方が、力が抜けているように見えるんですよね。

トラップについて以前、足裏トラップ以外もやった方が良いとの記事を書きました。

フットサル初心者こそ足裏トラップ以外が必要【技術】

しかしながら、フットサルのゲームを見ても基本的に足裏トラップばかりなので、足裏トラップ以外を見るにはサッカーを見たほうが早いことに気づきました。

しかしながら、その女性はサッカーをほとんど見たことがないとのこと。

なるほど、それは無理だわ。

なので、一応ここに、サッカーのトラップの上手いのとは、こういうことを言いまっせ、というのを貼っておきます。

シャビのトラップ



アヤックス
トラップもそうだけど、総合的にみてフットサルでも参考になる




2.まとめ


ということで本日は、

上手いトラップとは「脱力感」である

ということをお伝えしました。

それでは本日はこの辺で締めたいと思います。



《おすすめ記事》
【結論:ボールを失わない事】フットサル初心者がゲームにおいて意識すべきこと
初心者がパスを成功させる6つのコツ