DSC_0789


フットサル初心者「守備の基本が知りたい。」という疑問についてお答えします。

<目次>
1.一対一の守備はどちらか一方を切った方が良い理由
2.どちらに抜かせるか
3.まとめ

(この記事は1分で読めます)


どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、フットサルも少しですが上達してきました。

色々と試してみて、もっと早く知っておけば早く上達してたのにとか、これを知ったおかげで急激に成長したってことがありました。

そんな自分が、上手くなった時のポイントやコツをお伝えしていきます。

今日は、

フットサル初心者が知っておきたい守備の基本【一対一の守備はどちらか一方を切る】

をお伝えします。

1.一対一の守備はどちらか一方を切った方が良い理由


今日お伝えしたいことは、守備の基本です。

一対一は抜かれないことが基本となります。

フットサル私のプレー原則:一対一は下がりながら守る(方法)【守備】

しかしながら敵が上手すぎる場合、どうしても抜かれることがあります。

この時どうやってボールを奪うかというと、一人でボールを奪いきろうとせず、二人でボールを奪おうとすることを考えます。

上手い人でも一人抜いた瞬間は、ボールが足から離れることがあります。

それを見越してどちらか一方に抜かせて、ボールが足から離れたところを二人目が奪います。

そのため私がやろうと思っていることは、

敵と対峙している一人目の守備は左右どちらかを切ること

です。

敵が凄く上手い場合には、どちらか一方だけは絶対に抜かれない、ということを考えて、一対一の守備をします。

2.どちらに抜かせるか


左右のどちらに抜かせるかは以下の二つのどちらかを私は考えます。

1.敵の利き脚でない脚の方
2.外側の方

この二つを考えて、その時の状況によってどちらかに抜かせます。

3.まとめ


ではまとめです。

今日は、

フットサル初心者が知っておきたい守備の基本【一対一の守備はどちらか一方を切る】

をお伝えしました。

ということで本日はこの辺で締めたいと思います。


《関連記事》
フットサル私のプレー原則:一対一は下がりながら守る(方法)【守備】
フットサル私のプレー原則①敵が近ければパス②敵が遠ければドリブル【基本】