DSC_0861


フットサル初心者「首を振る意味や方法をプロならば知っているのではないか。教えてほしい。」こういった疑問に答えます。

<目次>
1.プロが考える首を振る意味とは【中村憲剛】
2.まとめ

(この記事は1分で読めます)

どうも、なみけんです。フットサルを完全な未経験からやり始めて早5年が経ち、最近はフットサルも少しですが上達してきました。

本日は、

中村憲剛は首を振る時、近い敵のことを見ている

ということをお伝えします。

1.プロが考える首を振る意味とは【中村憲剛】


昨日に引き続き、サカイクの中村憲剛選手の記事です。

本日紹介したい記事は、【「後ろに目がついている?」中村憲剛がピッチで見ている世界とは】です。

「後ろに目がついている?」中村憲剛がピッチで見ている世界とは

この記事の中で、中村憲剛選手が首振りの大事さについて語っています。

その中でも、私がお伝えしたいのが、

中村憲剛は首を振る時、近い敵のことを見ている

ということです。

具体的には、以下のようなことを言ってます。

―――――――――――――――――――――――
自分がパスを受ける前に首を振るとき、しっかり見ておきたいのが近くにいる相手の「位置」と「距離」と「勢い」です。どこからボールを奪いに来ているのか、どのぐらい離れているのか、どのぐらいのスピードで動いているのか。言葉にするのが難しいけど……「見る」というよりは「感じる」といったほうがいいかもしれない。
―――――――――――――――――――――――
このように、自分に近い敵が、どのように自分に向かってくるのかを見る必要があると言っています。

そんなことを言ったって首振りは難しいよ、、という反論があるかと思います。

それに対して中村憲剛は、首振りは特別な技術ではない、と言っています。

―――――――――――――――――――――――
みんなは「首を振る」ことは、サッカーで周りを見るための特別な技術だと思っていませんか? 決してそうではありません。みんな、日常生活で普通にやっているはずです。

例えば、交差点の横断歩道を渡るとき。みんなは正面だけを見て歩きますか? 交差点のカーブを曲がってくる車は来ていないか、自転車がスピードを上げて走ってこないか、首を振って確認しているはずです。自分が危険だと思えば、誰に言われなくても自然と首を振る。

味方からパスをもらうとき、首を振らなければ背後から来ている相手に気がつかず、ボールを奪われてしまうかもしれない。ボールを奪われるのがイヤだったら、自然と首を振るようになるはずです。
―――――――――――――――――――――――

このように、自然と首を振るようになる、ということです。

この例えばもしかしたら良くないかもしれませんが、例えば、横断歩道が無い道路を横切る時など、絶対に車に轢かれたくはないので、凄く首を素早く振って、ササッと渡ると思います。

ボールを持っているときも絶対に取られたくなければ、このように周りを一瞬で見て判断すると思います。

私も昔は出来なかったですが、ずっとやり続けているうちに、最近は少しですが出来るようになってきました。

また、首を振るので大事なことが

後ろを見る

ということです。

当たり前ですが、視野は自分の前に通常あるので前は見えます。

しかしながら、自分の後ろは視野外なので見えません。

何のために首を振るかというと、自分の後ろを確認するためです。

なので首を振るというのは、通常では視野外である後ろを確認する、ということです。

2.まとめ


ということで本日は、

中村憲剛は首を振る時、近い敵のことを見ている

ということをお伝えしました。

最後にサカイクの中村憲剛選手の首振りと動画をご覧ください。
https://youtu.be/WPHrGpqeoyM

ほんと、一瞬しか見てないですが、これで把握をしています。

また、中村憲剛選手が出ているJリーグの中継はDAZN(ダゾーン)で見ることが可能です。



以下の記事に申し込み方法と感想を書いたのでご覧ください。

DAZN(ダゾーン)の申込方法と魅力【一ヶ月無料】

DAZN(ダゾーン)で中村憲剛選手の首振りを確認しましょう!


《関連記事》
フットサル初心者はなぜパスミスをしてしまうのか【中村憲剛選手の記事必読】
初心者がパスを成功させる6つのコツ