フットサル初心者の上達ノート

35歳過ぎて本格的にフットサルを始めた初心者が思ったこと

はじめに

プロフィール

DSC_0459


このブログを見に来てくださったあなた「このブログを書いている人ってどんな人なの?」との疑問について答えます。

<目次>
1.基本情報
2.フットサルを始めたキッカケ
3.ブログを始めたキッカケ
4.今後の展望

(この記事は2分で読めます)

続きを読む

はじめに

はじめまして、「なみけん」といいます。年齢は30代後半です。

私は元々子供の頃からサッカーが好きだったのですが、完全に見る専門でした。それが今ではフットサルを週2-3回やってた、フットサルを通じて知り合った方も色々いて、ただの趣味なんですがフットサルを通じて自分の生活が結構いい方に変わったと思います。

今までフットサルをやらなかった理由は、人見知りだとか、やる環境が分からなかったとか、大人になってからは「今更やったってしょうがない…」みたいな気持ちがあったとか色々です。

やり始めたきっかけは、会社の人がフットサルをやろうと誘ってくれたことです。その時すでに27歳くらいで、そこで初めてインサイドキックの蹴り方を知ります。しかし、会社の集まりでやってたのはすぐに自然消滅しました。

それで会社の集まりでやらないんだったら自分でどうにかするかと思い、フットサルの個サルというのがあるのを知り行き始めたのですが、レベルが高かったり、そもそも自分のフットサルでの基本的振る舞い方が分からず、行って早々後悔とか恥ずかしさのようなものがありました。

自分のサッカー好きなのでそこからめげずに、初心者スクールや個サルを探していき始めるようになり、結果的に今楽しく続けることになってます。でも、そこまで好きでない人や方法が分からなかったという方は、こういうことでせっかくやろうと思ってた方も辞めてしまうのではないかと思います。

初級者と上級者の共存だったり、初心者スクールや初心者個サルにおける運営スタッフや客側の意識だったり、大人になってからの上達の方法、など色々考えたい問題はあるのですが、とりあえず自分がやってみて感じた事を記していきます。
namikenz540315@yahoo.co.jp
プロフィール

なみけん

お問い合わせ