【フットサル大会(50回目)】本気でやらないと上達しない気がしてきた(4チーム中2位)

どうも、なみけんです。

何というか、ブログにキチンとしたものを書かなければいけないという意識が高まりすぎて逆に書けなくなるという事態が自分に起きています。なのでとりあえずリハビリがてら何でもいいから書き始めることにします。

本日は、

【本気でやらないと上達しない気がしてきた】

ということについて考えます。

■あんまり成長できていない

この前、フットサルの初心者大会に行ってきました。

「埼玉チーム」での参戦だったのですが、このチームで結構大会に出てますが、一回しか優勝したことがありません。

今回は相手チームもそれほど強くなく、優勝できるチャンスだったのですが、結果的に2位でした。

これが自分では結構ショックでした。

というのも、後から動画を見直して、あんまり上手くなった気がしないってことがショックでした。

うちらのチームはスクールとかに行っているチームなんですが、それも普通の緩い初心者スクールだったらこんなにショックを受けることも無いんです。これが、結構ガッツリ戦術とかやるスクールなんですが、それが全く活かされて無いのではないかと気付いたことがショックでした。

我々はたぶん、フットサルがよく分かっていないです。

それは長くやってきて、フットサルも色々と教えてきてもらったにも関わらず、あまり成長できていないということでもあります。

フットサルの目的と手段とは

フットサルがよく分かっていないというのはどういうことか。

フットサルの目的とそれに対する手段が分かってないということだと思います。

フットサルは単純に考えると、前に進まなきゃとか、いい状態の味方にパスを出すとか、ドリブルで相手を抜くってのはあるんですけど、結局初心者がやってもパスやドリブルが単発でら何をどうすればいいというのがよく分かってないです。

分からないとどうなるかというと、敵がいるところにパスをしてしまったり、しなくていい場所でドリブルをしてボールを失ってしまったりします。

フットサルはボールを持ったら、パスしてもいいし、ドリブルしてもいいですし、前後左右どこにしてもいいというとても自由度の高いスポーツです。

そのかわり、一個のボールをお互いのゴールに入れるという目的はあるため、それを達成しようとはするべきです。

これが、フットサルの目的です。

簡単にいうと、フットサルの目的は

・ボールを相手ゴールに入れること

・ボールを相手ゴールに入れさせないこと

この2つだけです。

それが自由度が高いとはいえ、そのための手段があるはずなんです。自由度が高い中から良い手段だけを選んでいくと、それがセオリーと呼ばれるものになると思ってます。

そのセオリーがよく分かってないということが、フットサルがよく分かってないという一番の原因だと思います。

セオリーが意外と教えてもらえないし、載ってない

とはいえ、このセオリーっていうのが意外とどこにも書いて無いしですよね。

そんなもの無いんじゃないか、という気さえします。

とりあえず自分が思うセオリーは、以下のようなものがあります。

・ボールホルダーとのパスライン上に敵がいないようにする

・ボールホルダーが敵に詰められてる場合、他の味方の1人は横か斜め後ろにポジショニングする

・守備の時は敵と自分のゴールの直線上に立つ

・味方がボールを持ったらその味方より前に位置する

・敵がボールを持ったらその敵より後ろに位置する

・ドリブルは敵がいない方へ進む

このようなことがセオリーだと思ってます。しかし、これがどれだけ重要かってのも分からないですし、普通に出来るかといえば難しくて出来ないです。

さらに言えば、セオリーっていうのが設定しにくいです。なぜならば、敵がいるスポーツなので同じ状況というのが生まれにくいからです。

しかし、それでもサッカー経験者は経験則でなんとなくこうやれば上手くいくということが分かっています。

わたしは、そのセオリーを今まで考えてきたつもりでしたが、いざこう負けてみると、そのセオリーが本当にそうだったのか疑問に思えてきました。

なので、今後どうするかというと、セオリーめいたものを真剣に考えて確立することにしたいです。そして、何が正しくて何が間違ってるのか、どこがダメでどうすれば良くなるのかを示したいと思います。

まとめ

ということで、本日は

【本気でやらないと上達しない気がしてきた】

ということについて考えました。

それでは、なるべく更新出来るようにしていきたいです。

でも、wordpressが使いにくくてしょうがない。いつか慣れるんだろうか。。

大会

Posted by namikenz