【攻撃】ボールを持った時、前が空いてたらドリブル、前が空いてなければパス【原則】

2019年9月4日

どうも、なみけんです。

私なみけんはフットサルを未経験から始めて5年になりますが、普通にやってても上手くならなかったので、考えてやることにしました。

考えたことを記録として残しておこうと思います。

なるべく初心者でも実行できて、再現性があるものを、簡易な言葉で言語化する、ということを目指します。

本日は

【ボールを持った時、前が空いてたらドリブル、空いてなければパス】

です。

 

初心者がやりがちなプレー

フットサルで初心者がやりがちなプレーが、以下のようなプレーです。

1枚目の図で、①がフリーでボールを持っているとします。この時に、前に味方がいるからということで、すぐ②にパスを出します。しかし、②は敵に囲まれているためボールを失ってしまいます。

逆に②がもの凄いキープ力があれば問題ないです。

また、「前を見て、パスを出せるのであれば出す」という考えでやっているのであれば、これも正しいです。

しかしながら私が想定していることが、全員初心者のチームでやることを想定しているのと、その中でも攻撃が成功する確率の高い選択をしていきたいことから、ボールを失ってしまうくらいなら、①は出来るだけボールを前に進めた方が良い、というのが私の考えです。

フリーなら前にボールを運んだ方が良い理由

フットサルの攻撃の原則は

【ボールを前に進めること】

です。

そして、もっと良い状態が、

【フリーで前を向いた状態で、ボールを持つこと】

です。

この状態を作り出したいのです。

そのため、ボールを持った時にフリーで前に進めるのであれば、進んだ方がいいというのが私の考えです。

また、敵が自分のところにいないということは、他のところにいるわけです。

パスをされる方も、出来れば敵がいない状態でパスを受けたいので、そのためには自分のところに敵を引きつけた方が良いです。

なので、前が空いている時に前に進むということは、敵を引きつけるということになり、敵が分散されるこで攻めやすくなります。

まとめ

ということで本日は、

【ボールを持った時、前が空いてたらドリブル、空いてなければパス】

ということをお伝えしました。

それでは本日はこの辺で締めたいと思います。

攻撃

Posted by namikenz