【攻撃】攻撃時、判断に迷ったらワンツーをやる

2019年9月4日

どうも、なみけんです。

社会人になってから未経験でフットサルを始めて5年が経ちましたが、中々上達しません。

フットサルの上達を色々見ましたが、初心者には簡単すぎるか難しすぎるかで、中々参考にならなかったので、結局自分で考えることにしました。このブログではそういう自分で考えたことを残しておきます。

本日は

【攻撃時、判断に迷ったらワンツーを目指す】

ということを書きます。

初心者チームでは、攻撃時誰も動かない

よく初心者同士のフットサルでありがちなのが、ボールを持っている人が動かず、ボールを持っていない人も全然動かないという状況です。

そうすると、ボールを持っている人がどこにもパスを出せないという状況です。

こういったことがよく起こります。

なぜ、このような状況が起きるかという理由を説明します。

ボールを持っている側の理由としては、「ドリブルで人を抜けない。」「ドリブルで少しでも動かすとボールが足から離れるので、あまり動きたくない。」

ボールを持っていない側の理由としては、「どこに動けばよいか分からない。」「今いる位置が一番もらうのに良い位置だと思ってる。」

このような理由で、攻撃時誰も動かないのだと思ってます。

もちろんこれは良くない状況です。

動かないのがなぜいけないのか

動かないのがなぜいけないのかということですが、これはフットサルという競技の性質があります。

フットサルという競技は5人対5人の少ない人数でおこなわれ、コートも狭いです。また、基本的にマンマークなので、動かないと敵がずっとマークについたままになってしまいます。

なので、攻撃時に誰も動かないと、マークが全く外れないということになり、パスの出しどころが無いということが起きます。

そのため、多分通らないけど前にパスを出してしまえ、と無理なパスをしてしまいボールを取られてしまいます。

迷ったらワンツーを目指す

なので動いた方がいいのですが、誰がどう動いた方が良いのか、ということが初心者には分かりません。

動き方も、フリーになるようにとか、パスラインを作ってとか、パラレラとかジャグナウとかあるのですが、どれも判断が伴うので、これも初心者には難しいです。

なので、単純に考えます。

それが、

【攻撃時、迷ったらワンツーを目指す】

ということです。

ワンツーとは

ワンツーというのは、パスを出した人が、再びパスをもらうということです。

パスを出す人が「ワン」のパスで、パスを受けてリターンパスを「ツー」のパスとして、敵を突破することを目指します。

ワンツーはサッカーやフットサルではよく聞く用語ですが、フットサル初心者が実際やって上手くいくことがあんまりありません。

ワンツーが上手くいかない理由

ワンツーが上手くいかない理由があるのですが、よくある理由が2つあります。

・最初の「ワン」のパスの時、敵を引きつけてない

・「ツー」のパスの精度が低い

この2つがあると思ってます。

ワンツーをしようとすることによるメリット

ワンツー自体は初心者には難しいのですが、それは無視して、ワンツーをやりにいく姿勢が大事だという話をします。

ワンツーをやりにいくということは、初心者チームにとって次のメリットがあると考えます。

・ボールホルダーはなるべく敵を引きつけようとする

・ボールホルダーはパスを出した後、前に進む

・ボール持ってない人はワンツー出来る位置にポジショニングする

ワンツーは成功しなくても良い

ワンツーをしようとすることにメリットがあるので、初心者はまずワンツーをしようという姿勢で色々と解決するのではないかと思います。

一番大きいのが、誰も動かないという状況を脱せるというのが一番大きいと思います。

なので、ワンツー自体の成功したはあんまり考えなくてよいと思ってます。

まずは、ワンツーのためにポジション取ったり、パス出した後に動くことが大事だと思います。

まとめ

ということで本日は、

【攻撃時、パスを出したら基本的にワンツーを目指す】

ということをお伝えしました。

もちろん、ワンツーしなくて良い判断ってたくさんあるし、優先順位もあるのですが、判断に迷ったらとりあえずワンツーをすることで色々解決するのではと思いました。

それでは、本日はこの辺で締めさせていただきます。

攻撃

Posted by namikenz