【攻撃】前が空いてるなら、とりあえず前にパスを出す

2019年9月21日

どうも、なみけんです。

本日は

【前が空いてるなら、とりあえず前にパスを出す】

について話します。

 

自分が考えたパスの原則にそって出してたら失敗した

初心者のうちって、どこにパスをすれば良いか分からないんです。

なので、私は自分が考えた以下の二つの原則に従ってパスしてたんです。

「前にフリーの味方がいれば前にパス」

「前にフリーの味方がいなければ、横か後ろの味方にパス」

しかし、これが上手くいきませんでした。

なぜでしょうか。

 

なぜかというと、前の味方は敵陣に近いのでほぼフリーではないから、ほとんど横パスを選択してしまったことです。

横パスも成功すればその時の味方はフリーですが、すぐに敵が来てフリーでは無くなります。

また、もう一つ失敗した理由は、実際のプレーではボールを持ってから次のプレーまでの時間が無いです。

ボールを受けてから「前の味方がフリーかどうか確認」という判断が曖昧で時間がかかります。

前に味方がいれば、その味方にとりあえずパスを出す

なので、どうしたら良いかというと、前に味方がいればその味方にとりあえずパスを出したら良いのではないかと思いました。

一旦、前の味方にパスを出す。そうすると、他の味方も攻め上がる。前の味方からリターンパスや落としのパスをもらえれば、パスを受けた味方は前を向いてプレーできる。

という好循環が生まれるのではないかと思います。

また、実際にプレーしている時は「前の味方がフリーか」という判断よりも「前の味方にパスを出せるか」の判断の方がまだ簡単だと思います。

 

注意点:前の味方へのパスがカットされそうだったら止める

注意点としては、前の味方へのパスがカットされそうだったら止めるということです。

このカットされそうっていうのも難しいんですけどね。

あとこっちの方が初心者は多いのですが、敵に迫られると前の味方と自分との間に完全に敵がいるのに無理やりパスしてしまうことが多いです。

なので、これをなくすためにはパスラインがあれば(無ければパスラインを作って)、パスをすると強い意志を持つことが必要です。

 

まとめ

ということで本日は

【味方が前にいてパスが通りそうならば、とりあえず前の味方にパスを出す】

ということをお伝えしました。

単純に前にパスを出すを出せそうだったら、パスを出して、そこから前を向いて向いている味方に落とすなり、パスを受けた味方が前向くなりした方が良い。

しかし、パスカットされそうだったり、パスラインが無いのに無理やりパスを出すのは止めましょう、という事です。

それでは、本日はこの辺で締めたいと思います。

 

パス, 攻撃

Posted by namikenz