パスを受けるポジショニングに単純な正解は無い

どうも、40歳フットサル歴5年のなみけんです。

つくづくフットサルが上達しないなー、と思います。なんでかってーと、フットサルには正解が無い、故に自分が上達したかが分かりにくいです。

例えば、ボール扱いの上手さなんかは目に見えて分かるので上達したかが分かりやすいし、上手い方が正解なんでしょう。

しかしながら上達したかが分からない理由として、例えばパスが成功したとして、それはパスを出した方が上手かったのか、パスを受けた方が上手かったのか、他の味方がおとりになる動きをしていたのか、相手ディフェンスが下手だったのか、パスの距離はどうだったのか、パスは味方ゴール近くだったのか相手ゴール近くだったのか。

パスの成功だけでもこれだけの要因があるので、単純にパス1つ取ったとしても、その成功の原因がどれなのか判断するのは難しいです。なので、上達したかの判断基準とするのは難しい。

難しいけど、まあまだこっちの方がマシっていうのはあるので、またややこしいです。

例えば、パスの受ける良いポジショニングの一例として、味方のボールホルダーと自分との間に相手ディフェンスがいないってのがあります。これを守れば良いポジショニングと教えられればこれだけを守ることは凄く簡単かもしれないです。例えば、ボールホルダーのもの凄く近くとかボールホルダーより後ろにポジショニングすれば良いわけです。

しかしながら、そのポジショニングが良いかと言われれば、そうでもありません。それは、自分とボールホルダーとの間に相手ディフェンスがいないこと、という1つの指標でしか判断してないから。パスを受けるポジショニングとひとえに言っても、そんな単純なもので成り立ってないはず。

そして、さらに条件が追加されます。例えば、味方のボールホルダーより前のポジションとか、他の味方とかぶらないとか、時には味方をフリーにするためおとりになった方が良い場合もあります。

このように複雑になっていくと、どこにポジショニングすればよいか分からなくなってきます。

まあ、ここまでいくのも、超初心者を脱した人かもしれないです。

まずそれ以前のフットサル超初心者は、本当にどこでパスを受ければ良いか分からないので、自分がパスを受ければ良いポジショニングだけ考えて、そこにいたりします。例えばゴール前とか、例えばサイドにずっといるとか。

そこだけでは良いポジショニングとはいえないってことに気付いて、次のステップとして相手ディフェンスが間にいない事が出来る様になるってのは上達だと思います。そこから次のステップが味方のボールホルダーの前で受ける事、、、という風にステップアップで覚えること。

こういう条件が並列になってしまうので、ここから難しくなる。色んな条件が増えてくるから難しくなる。色んな条件を満たすポジションなんて無いってことに気付く。パスを受ける最良のポジショニングがこの時はこう!って決まっているような錯覚があるけど、そんな単純な事では無い。正解はその条件やその時々の状況で変わる。

という前提がまずあって、そこから先はこっちの方が良いだろう、ということをその都度考えなければいけないってことです。

その都度ってのがだいぶ面倒くさいんですけどね。

なので、簡単に考える事が良い、という風にもなります。これはフットサルという一瞬の判断の連続の競技では必要なことです。

例えば、1相手ディフェンスラインの裏、2相手ゴール前、3味方ボールホルダーより前、4味方ボールホルダーの横、5味方ボールホルダーの後ろ、など。

それでは今日はこの辺で。

未分類

Posted by namikenz