フットサル初心者が攻撃する上で1番最初に考えること(速攻か遅攻か)

どうも、フットサル初心者なみけんです。

初心者って言わない方が良いのかもしれないですけど、初心者って知った上で見てもらった方が良いかもしれません。私の言ってることなんて間違ってるかもしれないし。

結局何でもそうなんですけど、自分の頭で考えなきゃ上達しないってのが私の考えの根底にはあるんです。なので、私がどんだけ言おうが人それぞれ自分で考えるべきとは思ってます。まあ、それぞれそうするでしょうけど。

 

さて、今日は個サルに行ってきたんですけど、行く前はボールを持った時の姿勢をちゃんとしようなどと思ったんですけど、今日あんまり上手くいかなくて、もっと考えることがあるのではないか、そう思いました。

そもそも私の基本の考え方として、ボールを持ったら相手が前にいなければドリブルで前に進む、相手が前にいればドリブルで前に進まない、というのを思っていたんです。

で、それを今日やろうとしたら上手くいかなくて、相手が前にいないからドリブルで前に進んでいってボールを取られる、そんなことを繰り返しました。

そこで、そもそも何か間違ってるのか!?と思いました。

そこで思ったのは、相手ディフェンスが後ろで待っているのに、こちらが攻めて行ってもあまり上手くいかないってことです。

 

攻撃には、大きく分けて2つあると思います。

速攻と遅攻

これをキッチリ分けることがまず大事なのではないかと。速攻なら速攻の攻め方、遅攻なら遅攻の攻め方があるので、プレー中に今は速攻か遅攻かを意識することが大事。

速攻は文字通り急いで攻める、ドリブルでもパスでも良いから前にボールを急いで進める。遅攻は攻め急がない。パス回しをしたり、オフザボールの動きで相手の穴を見つけて攻める。

で、速攻するか遅攻するかの判断方法ですけど、これは正直雰囲気です。もちろん何となくはあるんです。相手陣地に相手ディフェンスがいない状態であれば速攻。数的優位であれば速攻。そうでなければ遅攻。例えば、相手陣地に相手ディフェンスが2人以下だったら速攻など。しかしながら、判断の基準の一つにはなるかもしれませんが、これだけでは速攻と決められる事ではありません。

ならば、どういう状況になったら速攻で、どういう状況になったら遅攻か。これは本当に雰囲気というか、経験的にこういう状況になったら速攻ということくらいでしょう。

どちらかと言うと、ゲーム中の攻撃では体感的に速攻3割、遅攻7割って感じです。で、やはり基本的には相手ディフェンスが相手陣地にほぼいない状況だと速攻したいです。また相手陣地で数的優位の状況だと速攻したい。

たぶん、プレー中はそんなことを考える余裕も無いと思います。相手陣地に相手ディフェンスが何人いるとか、今数的優位とか判別はつかないかもしれません。

どうやって判別するかって、相手ディフェンスが1人がゼロか、これくらいだったら判断出来ると思います。あとは雰囲気。雰囲気って言うのは、相手全体の重心が後ろ気味だとか、前後が間延びしてて相手ディフェンスがスカスカだとか。そういう何となくの雰囲気で速攻を感じたら速攻をする。

しかし、それ以外は遅攻で良い。でもこの遅攻で難しいのが、遅攻では相手ディフェンスを崩すのが難しいです。それも崩し方ってのは経験でしかないし、パターンはあるけれども同じ状況ってのは無いのでその都度考えなければなりません。

今日は、速攻か遅攻を分けて考えなければいけないという話しです。

相手ディフェンスが整っているのに、自分の前が空いているから、という条件だけで前に進んではいけない。ならば、とりあえず相手ディフェンスが整っていれば遅攻。ボールを持ったとしても前に進まなくて止まってたら良い。

まず、遅攻の方が多いはずなんだから、パスをもらったら基本的には止まった方が良い、とは思うんです。その後も前に進むのも少しずつで良い。少しずつでないとすぐ止まれなくてボールを失う可能性が高いから。

そして、例えば自分がボールホルダーだったとして、他の味方が全員前にいる。そうすると自分が変にドリブルで進んで行ってボールを取られると後ろがガラ空き。だから突っ込まないで、遅攻すべき。

どうするかと言うと、無理なパスはしないで、横パスか横ドリブルで相手を動かす。それから相手が取りに来るか、チャンスになるような形が出来たら攻撃する。

 

そんな感じでしょうか。今日はそんなところで。

攻撃

Posted by namikenz