インサイドキックの蹴り方の反省点

2020年2月3日

人によって技術レベルが違うとはいえ、まあ初心者はこうした方が良いだろうという事はあるだろう、ということで話をしていきたい。

今日は、パスというか蹴る、というかインサイドキックを蹴る行為をするにあたって、蹴るという動作が見えない方が良いという話。

インサイドキックではフットサルやサッカーではスタンダードな蹴り方で1番最初に覚えさせられるべき蹴り方。

しかし、これが教わった通りにやると、蹴るという動作が丸わかりになってしまう。蹴るという動作が見えてしまうと、相手に読まれる。

この相手に読まれるということに、最初の頃は悩まされる。それが蹴る動作が見えるから、ということに気付かない。

蹴る動作をしないで蹴るとはどうすれば良いか、というのは難しいが、一つの方法としてなるべく振りを小さくする、という事がある。

蹴る時のテイクバックを小さくする。要するに振りかぶりだ。これが大きいから読まれる。

サッカーやってた人とやってなかった人の違いもここに出る。

でも、テイクバックを小さくすると蹴りにくい、というかパワーが出ない。テイクバックを極力少なくしたら、チョロチョロってボールしか蹴れない。その通り。

では、テイクバックをバレないようにするにはどうすれば良いかというと、歩く、走るの延長戦で蹴る。これの良いところはテイクバックが隠れて、蹴る動作と気付かない。これの利点は、ドリブルなのかパスなのか分からなくすることにある。

しかしこれ、やってみると分かるが、えらい難しい。なぜなら歩いてる途中にボールが蹴る場所に無いから。歩いてる場所にあるという事は、身体のほぼ真下にボールがあるということ。更に言うと、蹴らない方の足が一歩先に出るため、軸足が前にある状態になる。これが非常にボールを持ってる構造上理に適ってない。

なぜならば、人間、自分がボールを持ってる時にボールが見えないと扱えないから。ボールがどこにあるか分かってないとボールを扱えない。だからボールは身体の少し前、軸足の前に置きがちだ。

でも、上手い人は押し並べて蹴る動作が分からない。なので、これをマスターした方が良いのだろうが、どうすれば良いかは知らない。自分でも意識してやってはみてるが中々上手くはいかない。

もう一つインサイドキックの蹴り方で、初心者と上級者の蹴り方の違いがある。それは蹴り終わった後の腕の動き方だ。これもあまり大きく動いて無い方が良い。要するに腕の動きも走るのや歩くのと同じような動作で出来ていることだ。

これも難しい。難しいと言うのは、人は蹴るという動作をする時は一緒に腕も動いてしまう。上級者になると単純なインサイドキックだと、走る動作と蹴る動作の差があまりないから腕の動きもあまり無い。これが出来るかどうかで見た目が大きく変わる。

 

あとは、アウトサイドキックやトーキックやヒールキックはテイクバックが普通のインサイドの蹴りと違うので読まれにくいってのはある。

あと、インフロントキックやインステップキックに関しては、テイクバックをある程度取らないとまともなキックにならないということもある。

 

ただ、こういう事を言っているけど、相変わらず俺は出来てないんだ。インサイドキックがかっこ悪い。めちゃめちゃ格好悪い。1番気に食わないのは腕。腕が硬い。というか、腕の使い方が良くない。だらんとしてるんだけど、なぜなら肘が伸びっぱなしになってるから。

これはクセだからしょうがないけど、本当に意識して治さないといけない。直すには、単純に腕を小さく前へならえみたいな状態にして、その腕の形をキープすること。

俺の場合まずはそれと、やっぱりボールをもっと足元に置くこと。やはり、ボールが離れすぎている。トラップとかキープしている時のボールの位置がいい加減すぎる。

だから、いい加減ちゃんとやろう。時間が無いんだから一回一回を真剣に、修正することに充てる。