上手くいったことの備忘録

さて今日は、昨日久しぶりに個サルに行ってきて、意識したら上手くいったことがあったので、それを残しておく。

意識したこと

・ポジションをダイヤで位置することを意識する

・玉離れを早くする

・ちょっと進んで相手ディフェンスが近くなりそうなら止まる

・相手ディフェンスをある程度引き付けてから他の味方にパスをする

・ディフェンスはピヴォへのパスラインを切る

・ディフェンスはコースカットプレス

こんなところ。最近言ってる事が多い。

ポジションをダイヤで位置することを基準とするってのは、特に攻めてる時なんですが、ピヴォ、アラ、フィクソをなるべくポジショニングを変えないようにしていくということ。自分がアラだったけど、ポジションがズレてフィクソの位置に誰もいなくなったらフィクソのポジションにいく、こういった事が必要。これはチームごとにもやるだろうけど。でも自分だけでも意識しようとしてみたら上手くいった。なぜかというと、自然とバランスを取る動きになるから。

玉離れを早くするというのが良いのは、基本的に自分より味方の方がフリーでいる事が多いので、自分が感じるより早めにパスをした方が良かった。これは人それぞれ、パスを早くしすぎる人もいるだろうけど。俺は持ちすぎる傾向にあるため、自分が思うより早めにパスした方が良い。

ちょっと進んで相手ディフェンスが近付いてきたら止まる、というのは、結構相手が近付いてくると、抜いてやろうという気がしていた。しかしながら、基本的には抜けない。俺の場合はだけど。だから、止まる。ゆっくりにするでもフェイントをするでもダメ。止まる。

相手ディフェンスが近付く、というのもどの程度かというのは感覚だけど、せめて相手ディフェンスが一歩足を出しても届かない場所、これは意識したい。ドリブルデザイナー的に言うと、相手ディフェンスの一歩足を出したら届く円上に入らないこと。これが大事らしい。

そして、相手ディフェンスをなるべく引き付けてパスをする。だから、攻撃の時の流れとしては、ダイヤのポジショニングする→ボールもらう→前に相手がいなければ進む→相手が少し近付いたら止まる→相手を引き付けたらパス。この繰り返し。

ディフェンスはピヴォへのパスラインを切る、というのは、基本的にピヴォにパスが入るとピンチになる確率が高いような気がするから。じゃあ、こっちが攻撃の時もそうすりゃ良いじゃないかってのもあるんだけど、そうはいかないのが不思議なところ。

あとはコースカットプレス。これはレオザフットボールで使われてる造語。フリーの相手へのパスコースを切りながらボールホルダーへプレスにいく。これは、初心者はやるべきではないと思う。初心者は基本に忠実にボールホルダーとゴールを結ぶ線上に立つべきとは思う。なので、コースカットプレスは出来る人はやれば良いし、俺は出来るようになるようにする。

こんな感じでやると上手くいった。これを少しずつやっていって、不具合が出たら修正していきたい。

こういう事を書いていて思うのだけど、基本的に自分が出来るスタイルというか、自分が得意と思われる事に注力した方が遥かに上手くいくということが分かった。そして、人のアドバイスはあんまり良くないことがある。その場面のプレーでしか判断してないような人の意見は聞く必要はない。例えば「あの時ダイレクトで打てば良かったねー。」などと言われたりしたが、ダイレクトやるのも状況にもよるし、一つの状況だけでは何とも言えない部分もある。

なので、自分がどうしたら良いか、そこだけに集中する。それが楽しい。