実際にやる前にどのようにパスを回すかとかポジションするかは、シナリオを立てておく

たぶんだけど、もう一つ自分でやっている意識している事で有効なのが、シナリオを立てる、という事だ。

例えば、ボールが来たらどうするかとか、今は守備の場面だが、ボールを奪ったら前に味方がいてそこにパスするのか、はたまたドリブルで進めるのかとか。

しかしながら、フットサルという競技は味方と相手が混在するし、状況も常に変わっていくため、前に立てたシナリオというのは意味をなさない事が多い。

例えば、自分がフィクソで左アラがボールを持ってるとする。左アラからパスをもらったらピヴォへのコースが空いてるからダイレクトにパスをしたい、と思っていても、左アラがボールを持ちすぎたり左アラからのパスが遅かったりズレたりすればピヴォへのパスコースは無くなってることが多い。

そうすると最初に立てたシナリオは実行してはいけない。もう、ピヴォへのパスコースは無くなったんだから。無くなったとしたら、次に空いてる可能性が高いのは右アラでそちらへパスするシナリオを検討する。

しかし、このシナリオを検討するというのが、時間が無い。そもそも、これはシナリオでもない。言い方が悪い。単なるどうするかだ。シナリオなんてカッコいい事を言ったが、単なる想像。パスが来たらどうしよう、と想像することだ。これが決め打ちではダメだし、フットサルは時間が無い競技なので、シンプルなものでなければならない。例えば、今パスが来たらAにパスしよう、とかそういうこと。

だから、いくつも攻撃のアイデアがある人は凄いと言われる。だから、せめて初心者がやれそうな事としては、ボールが来る前に出来るだけ多くの選択肢を考えておく事。それをゲーム前、というか、今読み物としてこういうブログなどの机上で考えておく。それこそがシナリオ。

ボールを持ってからの状況次第じゃね?って思うこともあるんだけど、上級者はそれが出来る。でも、初心者はそれが出来ないから、こういう机上で前もって考えておかなければいけない。それがシナリオ。

シナリオ、という言葉では一般的ではない。セオリーというのが一般的だろうか。セオリーとも違うな。パターンか。何にせよそういうこと。それを前もって考えておく。そのためのこのブログ。

うーん、セオリーは基本的な事で、パターン決め事のようなもので、パターンの中から選んでいってシナリオを構築するといった感じだろうか。

ポジショニングというかフォーメーションもそう。ダイヤにすると言ったら、それもシナリオの一つ。攻撃の時、ボールホルダーの前に二つパスコースを作るってのを決めたらそれもシナリオ。例えばエイトをやるって言ったらそれもシナリオ。

まあ、戦術に近いのかもしれない。と言って調べたら、戦略の方だって。以下に書いておく。

戦略とは

「戦略とは、一般的に特定の目的を達成するために長期的視野と複合思考で力や資源を総合的に運用する技術、科学である」
(引用:Wikipedia)

つまり戦略とは一言で言えば、「進むべき方向性、シナリオ」です。
「成果を出すために何をするのか」「何を捨てれば効率的なのか」など総合的な準備、計画、運用の方策で、目的を達成するために立てるシナリオと言えます。

戦術とは

「戦術とは、作戦・戦闘において任務達成のために部隊・物資を効果的に配置・移動して戦闘力を運用する術である」
(引用:Wikipedia)

つまり戦術とは「手段、オペレーション」です。
戦術は戦略を実現させるための手段であり、成果を出すための具体的な方法を指します。

 

うーん、俺はシナリオって

判断, 攻撃

Posted by namikenz