この間の女性で上手い人のを真似しようと思ったので、【ゲーム中に意識すること】もそれに合わせて少し変えてみようと思う。今まで【ゲーム中に考えること】にしてたけど、考えることというとなにかこう時間をかけてじっくりとみたいなイメージがあるので、意識することとする。

■攻撃

①ボールを受ける時
【修正前】ボールを次に蹴りやすい場所に止める
【修正後】ボールを掴む感覚で自分のものにする

②ボールを持ってる時
【修正前】縦に行く振りをして横に行き、その後ターンする
【修正前】基本的にボールは真下に置く
【修正後】基本的に歩く速度で足裏で運び、キックフェイントを多用する

③ボールを離す時(変更なし)
・ノールックでやる

■守備(変更なし)

①個人戦術
・抜かれないようにして、敵にゼロ距離になるまで近づく

■全体的(変更なし)

・立ち姿を真っ直ぐに、でも膝は緩く保つ
・腕は曲げたままを保つ
・移動はサイドステップとバックステップで

ただ、これでも意識することとしては多い。というより、文章にしてるとゲーム中そこまで気がまわらないのでもう単語だ。

攻撃は「掴む」→「歩く」→「ノールック」
守備は「近づく」

ゲーム中は頭が回らないし瞬間の感覚でやってることが多いので、これくらい短い言葉に凝縮しないと頭が身体に付いてこない。取り合えず最初は「掴む」ことだけを意識する。掴んだらその次は「歩く」という言葉に集中する。そしてここが難しいのたが、「歩く」と「ノールック」は同時平行で行ってるので同時に意識しなければならない。

で、今日やってみたけどボールを掴むってのは練習では出来たけど、ゲーム中は意識できなかった。ドリブル中に歩くというのも、意識してたようなしてなかったような。何とも微妙な感じになってしまった。単語にしても意識から無くなってしまうものなんだろうか。そういうものかもしれない。明日大会があるのでもう一度意識することを試してみよう。

いつもは月末にウルトラビギナー大会に出るのだが、今月は別のところにも出てみようとのことで、明日大会がある。今まで同じ大会にしか出てなかったから敵チームも同じチームのことが多かったので、違う雰囲気のところでやるのは楽しみだ。