■優勝してしまいました

今日の大会、何というか優勝してしまいました。

3チーム回し
チーム①:勝ち2-0(1G)
チーム②:分け1-1
チーム①:勝ち3-2
チーム②:勝ち2-1

まあ、前回と同じくキーパーの助っ人がいて、フィールドプレーヤーにも上手い人が二人加入したので、そこ頼りみたいな部分もありましたが優勝してしまいました。施設のレベルではウルトラビギナーよりも下のレベルだったのですが、まあまあ強いレベルの敵チームでした。相変わらずそのレベルのカテゴリーにはそのレベルのチームは来ないってことなんですけど、そういう意味では我々が優勝してしまったので、我々が一番このレベルに見合ってないのは我々ということなのかもしれません。

ただ我々は平均年齢40歳位と歳もとってるし(敵チームは20代前半といった感じで若そうでした)、敵チームには見たところサッカー経験者が多く、技術的には一対一だと敵チームの方が上手かったと思います。我々はチーム力とフットサルという競技としての技術で勝ったのだと思いますので、これはこれで一応我々のチームはレベル設定に合ってるとは思うのですがどうでしょうかね。客観的に自分達のチームがどれくらいのレベルかというのは分からないですね。

■楽しむことを忘れない

結局、最近はなんだかんだ言っても楽しんだもん勝ちじゃないのかというスタンスで望んでるので、勝っても負けても正直なところどちらでも良いと思ってます。確かに優勝は嬉しいし、こういうのを経験してしまうと優勝したい・勝ちたいってなってしまうのですが、それは諸刃の剣にもなるとも思ってます。優勝とか勝つことを第一義的とせず、どれだけ楽しくプレー出来たかという点を重要視していきたいです。それでいうとまあまあ達成出来たと思うのでそれも良かったかと思います。

楽しいと思えることの一つに自分の思い通りのプレーがどれだけ出来たかっていうのがあると思いますが、それでいうとまだまだなところはありますね。守備はまあまあ出来たと思ってますが、攻撃は今一です。ボールキープがやはり自信無く見えるのか、敵が近くまで取りに来やすい気がするのと、そうなると余裕がなくなってどうにもならないときがあります。こればっかりは、最近は経験と足元のボール技術のような気がしてきました。

まあそれも、やってたら上手くなるかなーという部分がありますね。あと、昨日考えた「掴む」→「歩く」→「ノールック」は全然考えられませんでした。フットサル的にはそんな余裕も無くやってましたので、これは練習の時に取り合えず意識して、ゲーム中は無意識に出るようにならないといけないんだろーなと感じてます。