この間の大会に出て感じたことを書いてみようと思います。結局、ゲーム前にこれを意識しようと思っていることと、実際ゲーム中にやれることは全然違うな、というかゲーム中に頭の中に意識なんて無いと感じました。結局やれていることは「今、自分が出来ると思っていること」で、頭ではなく無意識に身体が反応することだけです。技術的に普段やってないことはとっさには出ないし、ほんと頭で考える余裕はほぼありません。

そんな中、ゲーム中に無意識的にやっていることを書いていってみます。

【ボールが来たらどこにダイレクトで出せるかを意識しておく】
これは意識出来てない時の方が多いのですが、大会では敵の前プレが激しかったことと、私もボールキープに自信が無いので、ボールをもらう前はボールが来たらどっかにダイレクトで出せないかと思ってたような気がします。

後ろにいるときは特にそうで、取られたら即シュート打たれるという恐怖心があります。恐怖心があるからやらざるを得ないというところで、敵がプレスに来たら取り合えず怖いのでどっかに蹴りたいです。でも、ただ前に蹴るだけにはしたくないので、何となくでもいいので味方のいる方向には蹴ろうという意識で何となく味方のいる方向を意識はしておきたいということです。

【敵がボールをもったら取り合えず当たりに行く】
これはディフェンス時で当たり前のことかも知れませんが、初心者には中々出来なかったりもします。特に敵陣内では出来なくて、そもそも当たりに行って意味があるのかというところのような気がします。

まず、超初心者にしてみたらディフェンスってしていいのか、どうすればよいのかが分からない、ということがあります。こういう人にはまずはボールを取りに行くことがフットサルという競技だよと知ることがスタートだと思います。そして実際に取りに行くと大体取れないことに気付きます。あとは気持ち的に敵のボールを奪うという行為が苦手そうな方もいます。

ボールを取りに行く・奪うという行為が難しいのであれば、次は「進路を塞ぐ」です。これは取りに行くよりも身体的・気持ち的にラクかもしれません。それでもどう塞げばいいのか分からないかもしれません。ということで、ゴールとボールを持ってる人の間に立つことを覚えます。

最初はこういうとこからなのですが、じゃあ、ボールを持ってる敵に対して何人いくのか、ボールを取りに行ってない人は何をすればよいのか等、色々と段階を踏まなければいけないことがあります。なので、ことはそう簡単ではないです。

そういう諸々があり、敵がボールを持ってる時には邪魔をしないとピンチになるとか、奪いに行くポイントをチーム内で設定する等の守備の法則や整理があって、ようやく敵がボールを持ってる時には誰か一人はマークに行くという行為に繋がるわけです。

だいぶ長くなりましたけど何が言いたいかというと、それほど初心者はマークに行くという行為が理解出来ないということです。なので、守備の意識とか方法を考えて身に付けるということが必要になります。

【味方のボールになったらまず裏に走る】
これは大概味方がボールを持ったとき、他の味方は後ろの方にいることが多いので、敵が下がらないです。そうすると敵が前の方にいて、パスコースがなかったりします。裏に走ることでマークが付いてこなければチャンスになるし、付いてくれば一人は前からいなくなることになります。ここで大事なことは一度裏に行ってしまうということだと思います。中途半端に止まってしまっても、敵が下がらない気がします。

取り合えずこんなところで。思いのほか守備についてが長くなってしまいました。また今日も大会です。二週連続で大会をやっているので、大会あるのが通常みたいになってきましたが、リーグ戦とかやってるとこんな感じなのかなという気もします。

少しは慣れたような気もしますが、結局始まってみないと分からない部分はあり、なんかフワッとした状態です。慣れてきた故での緊張なのか何なのか。とにかく今は、自分が楽しむことに集中してやろうと思ってます。