一昨日考えて、昨日実際にやってみて、上手くいったことがあります。それはボールを持った時の優先順位です。以下のようになります。

①横パス
②縦パス
③ドリブル

ここで一番大事なのが①横パス。

ボールを持った時に初心者が一番やってしまいがちなダメなことは、敵がいるのに前にドリブルしてしまって取られる。これ私もいつもやってしまいます。このパターンがいかに多いことか。それを避けるために、まず、前に行かないためにはどうするか。

それには、強制的に行かなくしてしまえばいい、ということです。最初の選択肢に縦を考えなければいい。なのでボールを持ったら、まず横パスを考えます。

自分のチームの動画を見ていると、誰かがボールを持ってる時、ビックリするくらい横がフリーの時が多いです。でも私もそうですがパスを出せません。何故かというと、フットサルという競技において初心者ほど、前に行くのが当たり前という幻想があります。

将棋が好きなので将棋で例えてしまうことが多いですが、将棋で振り飛車とか穴熊とか戦術があってまず組立からやるものなのに、何も知らない初心者は「歩」をテキトーにバンバンまえに進めて行くだけで、駒は取られるわ壊滅的な状況になってるようなものです。

なので、最初に横パスってのを考えておくと、まずむやみに前に行くことが無くなったので、これはかなり自分にとっては良いことでした。

で、もう一つ良かったことがあって、縦パスとか縦に行こうとしてからの横パスは読まれるのですが、最初に横パスをしようとすると案外取られないな、ということです。

これは技術不足もあるのですが、縦に行こうとすると敵との距離が縮まって余裕のないところで横パスしかない状況になり、そこを読まれます。また、最初に横パスを考えると、敵との距離が遠い状態での横パスなので、敵はカットに来にくいです。守備の時は基本的に前を止めたいですから、わざわざボールホルダーの横まで行ってカット出来ないと、一気に抜かれるリスクが伴います。

さてここで、横パスばかりしてたら前に進めないんじゃないかという疑問が湧きます。これについては一つ条件があって、それは「横パス後、必ず前方向(前斜め方向)に進む」という制限を付けます。そうすることによって、敵の守備ポジションをズラします。

で、違う誰かがボールホルダーの横に下がってきて、また横パスをする、というのが理想です。そうしてるうちに前に進めます。これが規則的に出来るのがエイトと呼ばれるボール回しになったりするのですが、この誰かが上がった後の「下がる」という動きが、基本的に初心者には出来ないです。というか、私にはこの「下がる」ことの必要性を説明が出来ないです。前に進んだ方がいいと思っているから、前にパスコースを作ってあげた方がいいという幻想があります。

なのでまあ、他の人に説明がキチンと出来るまでは、この方法は自分だけでやり続けて検証をしていこうと思います。

・自分がボール持ったら、横パスして前に抜ける
・横パスが出来なければ、仕方なく前方向を考える(または横にドリブル)
・誰かがボール持ったら、横にポジションする
・誰かが横にポジションしてたら、前にポジショニングする

これを自分の中の決め事として、やってみようと思います。